生命保険の見直し 30代男性 既婚 子持ち が悩み考えたこと(前編)

保険

保険を見直すことにしたきっかけ

つい最近、現在加入している生命保険を見直し、新たな保険に加入しました。

見直すことにした理由は、子供が誕生して、今の保険の保障内容では不十分ではないかという妻からの意見を受けたからです。

僕は保険のことは知識も無く、元々入っていた保険も親が入ってくれたもので、保障内容すら理解していませんでした。

そもそも保険なんて必要あるのか?というくらいの感度で、関心がありませんでした。僕みたいな人も割りと多いのではないでしょうか。そんな人の今後に役立てばと思います。

現在加入している保険

大手生命保険会社のプランに入っていました。内容を簡単にまとめると、

  • 死亡保障 約2,000万円
  • 医療保険 一時金約100万円、入院日額5,000
  • 終身保険50万円
  • 保険料月々約11,000

といったカンジです。 これらが1つにセットになっている保険に加入していました。

初めて保険の説明書を見たときはパッと理解できるようなものでなく、保険のおばちゃんに説明してもらってやっと理解できるという内容で、結構複雑でわかりにくいと感じました。

まずはこの保険の死亡保障を3,000万円に上げてはどうかと妻から助言をもらい、見積もりを取りました。

  • 死亡保障 3,000万円
  • 医療保険 一時金1,500円、入院日額5,000
  • 終身保険30万円
  • 保険料月々約 14,000

となりました。なるほどー。高くなるなーという印象。

この保険は定期保険というタイプで、10年間契約になっています。10年間はこの内容が保障されます。

10年後は契約更新となり、ここで保険料がかなり高くなります。もちろん、保障内容を見直して保険料を下げることもできると思いますが。

さて、現在加入している保険をある程度理解したところで、他社の保険はどうか?ということが気になって、保険の窓口へ相談に行くことにしました。

保険の窓口4回通った

結論から言うと、保険の窓口に4回通って4回目で申し込みと 契約をしてきました。加入した保険は、3つの保険で、収入保障保険、医療保険、終身保険です。

窓口で言われましたが、この3つがベースとなる保険で、これらを検討していくことがスタートだとのことです。

基本的に現在加入している保険の内容を網羅し保障内容の水準を下げないような考え方で相談しました。

結果、保険料はト ータルで月々約16,000円です。現在加入している保険の保障を3,000万円にすると月々約14,000円。差額はプラス2,000円。

おいおい、保険料上がってるじゃん、大丈夫かよ。って言いたいです。

家族が一人増え、生活費が苦しいなか、保険料は抑えたい思いで見直しに入ったのですが、結局、保険料は上がっています

ただし、保険料は上がっていますが、保障内容で比べると、差額以上に手厚い保障になったと思います。

それに納得できたから、保険料が上がっても契約に至ったということになります。それぞれの保険については別記事で記載したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク