確定申告 医療費控除 MacBook Proで作成(里帰り出産のケース)

税金
スポンサーリンク

2016年に第1子が誕生し、出産やそれにまつわる医療費が10万円を超えたため医療費控除の確定申告をしました。 (平成28年度分になります)

必要書類と方法についてはこちら「確定申告 医療費控除 申告方法と必要書類(里帰り出産のケース)

確定申告 医療費控除 申告方法と必要書類(里帰り出産のケース)

<MacBook Proで確定申告書作成>

僕は201712日のAppleストア初売りでMacBook Pro(Late2016)を購入しています。ですから、もちろん、MacBook Proで確定申告書を作成します。

国税庁HPに推奨環境が掲載されています。

Macintoshをご利用の方… あれ?GoogleChromeが書いてない

Windowsの方には記載されていますが、Macのほうには記載されていません。僕はGoogleChromeをブラウザとして使用しています。

大丈夫かなと心配になりましたが、結論としては大丈夫でした。

画面にしたがって進む

この辺りの説明は検索すればたくさん出てきますので割愛します。僕が残しておきたいのは、医療費計算フォー ムの入力です。

入力を途中でやめて、また後で途中から再開することもできます。これは便利ですね。

医療費計算フォーム

Windowsの場合エクセルで入力しますが、Macの場合はNumbersで入力します。初めてNumbersを触るので不慣れです。これは慣れるしかありませんね。

医療費計算フォームの場合、入力するだけなので、特に難しいことはありませんでした。行の挿入や削除、コピペ等、思ったようにいかない部分もありましたが..‥

特にエクセルで言う「ウィンドウ枠の固定」ができないのが不満でした。

Numbersの場合、固定できる行数が5行までに限られています。医療費計算フォームの場合5行以上ありますから、当てはまらないのです。

入力例

医療費計算フォーム

医療費計算フォーム 入力例

支払った医療費

領収書を見ながら転記していきます。

左のうち、補填される金額

僕が書いたケースでいうと、保険が降りた金額、自治体の助成金、他県の医療機関で負担した子どもの医療費で戻ってきた金額(乳幼児医療費助成)3つです。

保険が降りた金額

その証明書を見て降りた金額を記載します。医療費計算フォームに入力する場合、一行に入力しなければなりません

支払った医療費を空欄にして、補填される金額だけを入力する行を作っても最後にエラーとなって登録できません。ですので、どこか適当に1行選んでそこに保険が降りた金額を入力します。

自治体の助成金、乳幼児医療費助成で戻ってきた金額

これも該当の1行に記載します。

治療内容

治療内容は○○科受診と記載しています。詳しく書く必要はありません。薬に関しても、薬代とだけ記載しました。詳しい治療内容を書くことに抵抗のある場合もありますよね。

入力を終えたら、アップロード⇒印刷

ひと通り入力したら、 国税庁HPの『確定申告書作成コーナー』へ戻って、医療費計算フォームをアップロードします。エラーが無ければ、次へ進むことができます。

入力を終えると、確定申告書がPDFで出力されます。それを印刷します。プリンターがある家庭は自宅で印刷できますね。我が家はプリンターがないのでコンビニで印刷しました。

ネットプリント・ネットワークプリントというサービスが存在します。これ便利ですね。

会員情報を登録したら、印刷したいファイルをアップロードする。すると予約番号が発行されるのでコンビニ行って番号入力すれば印刷できます。

捺印、源泉徴収票、マイナンバー、免許証

印刷された申告書に、

捺印

源泉徴収票の原本をのりづけ

マイナンバー通知カードのコピーをのりづけ

免許証のコピーをのりづけ

これで完成です。 

<終わりに>

この作成の間も、何日かに分けて入力、作成しています。我が家には、iPadもありますので、MacとiOSの機能を使って、医療費計算フォームのNumbersをデバイス間で共有し、iPadでも作業できるようにしていました。

子供の面倒を見ながら、持ち運びが容易なiPadで入力したりしました。日中、妻が家にいるので、iPadで入力作業を進めておいてくれないかなぁという期待もありましたが、難しいようでした。

やってみるねとひとこと言ってくれたのですが実際には入力されませんでした。やってみるねのひとことを言ってくれただけで十分です。ありがとう。

世の新米パパ、がんばりましょう。出産してからの奥様は非常に大変です。あまり奥様に過度な要求をしてはいけません。できる範囲内のことを理解し、お願いすることが重要ですね。

ご質問ありましたら、コメントください。分かる範囲でお答えしますよ!

さて次は提出編です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク