口内炎を早く治したい? 僕の愛用はケナログ 効く薬です

体験談
スポンサーリンク

僕はよく口内炎ができます。風邪のひきはじめ、唇を噛んだとき、ほっぺたを噛んだ時、舌を噛んだ時… すぐに口内炎ができて、だんだん大きくなり、なかなか治りません。

僕の場合、1週間は口内炎とお付き合いが必要です。(もっと長いかも…)

すぐ治る人もいますよね。とてもうらやましい…

口内炎ができるとお菓子やご飯を食べる時、痛いです。せっかくの美味しい食べ物が美味しくいただけません。

食欲は減るのでダイエット効果はありますねww ただ、治った時、反動でめっちゃ食べるのですぐ体重が戻りますが…

しょっちゅう口内炎ができるので早く治すためにも、口内炎ができたときは薬を使っています。今回、僕が使っているものを紹介します。

塗り薬 ケナログ

ケナログ 外箱

ケナログ 外箱

これ、市販されている口内炎用の塗り薬で、僕はこれを使っています。

口内炎が出現し始めたらすぐ塗った方がいいです。小さいうちに塗り始めた方が治りが早い印象です。

大きくなってからでは治りが遅いです。

ケナログ 外箱(裏面)

ケナログ 外箱(裏面)

塗り方は以下です。

  1. 患部にティッシュを当てて、水分を除く
  2. 綿棒か指にケナログを出し、患部に塗る

塗る時に、まず、患部の水分を取り除くことが重要です。塗り薬が口内でちゃんとくっつくようにするためです。唾液など、水分が残っていると、塗り薬がうまく患部に残ってくれません。そのため、ティッシュなどで患部の水気を取り除きます。この手順が重要です。

市販ではケナログを使っていますが、病院(耳鼻咽喉科や歯医者、内科など)でも口内炎用の薬をもらうことが有ります。そのときも塗り薬で、同じような手順で塗っています。

ケナログ 本体

ケナログ 本体

僕は風邪をひくと耳鼻咽喉科へ行くので、そこでもらったり、あとは歯医者(歯科)でも口内炎の薬をもらったことがあります。意外ですが、歯科でももらえます。

チョコラBBも飲む

口内炎ができたときは、塗り薬の他に、ビタミン剤を飲んでいます。肌荒れ、ニキビ、口内炎に効くと記載のある、チョコラBBを好んで飲んでいます。効果は実感がありませんが、気休め程度に飲んでいます。これを飲むと尿が黄色くなりますww

チョコラBB 口内炎にも効く

チョコラBB 口内炎にも効く

おわりに

この記事を書いている今も、口内炎ができています。痛いです。ご飯を食べる時、涙が出るほど痛いです。口に運んだ食べ物が患部に当たったり、しみたりするのでめっちゃ痛い…

できてすぐに薬を塗らなかったので、かなり大きく成長しています。

今は朝と夜、塗り薬を塗って、ビタミン剤も飲んでいますが、全然効いていないですww

やはり、大きくなってからでは遅いです。できてすぐか、できそうだな、と思ったときに、すぐ塗り薬を塗って、ビタミン剤を取って悪化させない必要があります。

今回は治るのに1週間以上かかるだろうなー。ツライ。僕みたいに口内炎がなかなか治らないという方は、早めの対処を心がけましょう。(すぐ治る人がうらやましいなぁ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク