初めての有料テーマ 僕がSWALLOW(スワロー)を選んだ4つの理由

運営
スポンサーリンク

この度当ブログのWORDPRESSテーマをスワローに変更しました。

ブログ運営していると定期的に発症しませんか?テーマ変えたい症候群が。

当ブログもかれこれ1年を迎えます。そろそろ1年経つし、テーマ変えてみるか!ということでテーマ選びが始まりました。

いくつかの候補から今回SWALLOW(スワロー)を選択した理由をご紹介します。

SWALLOW(スワロー)を選んだ決め手

まず結論から。SWALLOW(スワロー)を選ぶに至るまで、他の有名テーマと比較していて、

  1. デザイン
  2. サポート
  3. コスト
  4. 発売日(新しいもの)
  5. 表示速度

の視点でそれぞれを検討しました。
(その内容は下段に詳しく書いています。)

で、最終的になんでSWALLOW(スワロー)にしたかっていうと、その決め手は、

  • デザインが美しい
  • OPENCAGE製テーマの信頼と実績・あこがれ(ブランド力)
  • そのOPENCAGE社から発売された新テーマ
  • 他に検討したテーマより少し安い(かつ、期間限定で10%オフのクーポンがあった)

上記4点が決め手でした。

やっぱり僕はミーハーなんですw

みんなが使っているOPENCAGE製のテーマを使ってみたいと。ブロガーなら一度は通るべきかな なんて。

あと期間限定クーポンがあったのも大きいです。基本的にWORDPRESSテーマのセールって無いと思うんで。

機能面で選んで無いのかよって話なんですが、基本的にSTORKの機能を引き継いでいるようなので問題ないかなと。

まぁカスタマイズしていく中でやっぱりSTORKが最強なのかなって思う面はありますが。

そんなカンジでSWALLOW(スワロー)を選んだわけですが、他のテーマに対する検討・評価もしています。

以下に書いていますのでお時間ありましたらお付き合いください。

検討した有名テーマたち

SWALLOWの他に、STORK、Diver、SANGOを検討しました。どれも有名どころ。

この中からどうやって絞り込んでいくか。

以下の視点でそれぞれのテーマを検討し、絞り込んでいきました。

  1. デザイン
  2. サポート
  3. コスト
  4. 発売日(新しいもの)
  5. 表示速度

それぞれのテーマに上記を当てはめて検討していきます。

STORK(ストーク)の評価

スワローと同じOPENCAGE社の超有名テーマSTORK(ストーク)です。

WORDPRESSをやっている人で知らない人はいないであろうテーマですね。

シェアは圧倒的で、こっちのサイトもストークか、あっちのサイトもストークかってくらい。

さて、5つの視点で評価してみます。

1 デザイン

見やすくてきれいです。ストレスなく閲覧できますし、ヘッダーやスライダーの設定は魅力的です。

見出しやボックスの表示も洗練されています。シェアが高い理由が分かります。

2 サポート

ホームページで問い合わせは受け付けているようですが、カスタマイズに関する内容は有料ですし、独自カスタマイズによる不具合についてはサポート対象外とのこと。

公式ページの「使い方に関する問い合わせ」を読む限り、気軽に問い合わせできるようには感じられないです。

僕は自分でカスタマイズしたいタチなので気軽に問い合わせできるとうれしいんですが。

ただ、ストークの場合、ネット上にカスタマイズ記事がたくさんあるのでググればそれなりに解決するのではと思います。

3 コスト

価格は10,800円。複数サイトは使用できないのでコスパがよいとはいえません。

有料テーマの相場としてはこんなもんかなと。

4 発売日

2016 530日。1年以上経っていますね。新しいとはいえません。しかもスワローというOPENCAGE製の新テーマが出ていますから、どうせ買うなら新しいものが欲しい。

5 表示速度

ネットやツイッター上では表示が遅いという口コミ・評価が見られます。表示速度は速いに越したことはありません。

スマホ向けにはAMPを導入すればいいですが、AMP導入もプラグインを入れてカスタマイズが必要。ちょっと手間ですね。

Diver(ダイバー)の評価

最近存在を知りました。徐々に使用サイトが増えているようです。

初心者ブロガーの僕が目にするくらいですから、ブロガー界隈ではすでに有名でしょう。

1 デザイン

公式のDEMOページはカッコいいですね。スライダーが付いています。

Diver使用サイトをいくつか見てみると少しごちゃごちゃしていると感じます。

スライダー記事の箇所でマウスオーバーしたときの動作も気になる。このあたりはカスタマイズでどうにかなるのかな。

というのも、Diverの場合、カスタマイズ機能が充実しています。

入力補助機能もあってDiverにしかないと言える機能・特長が 豊富です。

公式ページにもあるよう高機能・ハイスペックなテーマなのでデザイン面は自分の好きな用にカスタマイズができそうです。

2 サポート


Diver
のサポートは無期限・無制限・無料です。

これはすばらしい!公式ページには

「無料で相談出来る場を設けることによって一人ひとりのこだわりや好みに合わせて調整させていただくことを決めました。」

とあります。

初心者には大変助かるサポート体制です。

3 コスト

17,980円です。少々高いですが公式ページを読めば高いのも納得できます。

ハイスペックな機能かつサポートの充実。

これでこの価格なら納得できますね。

しかも1回の購入で複数サイトでの使用が可能です。お得ですね。

4 発売日

正式な発売日は分かりませんが、DEMOサイトの古い記事をみると20171月中旬です。

この日付けから数えると1年以上経過しています。

5 表示速度

Diverではテーマ側でAMP対応が可能なのでスマホ向けの表示速度は速くできそうです。

AMPが簡単に導入できるというのはメリットですね。

SANGO(サンゴ)の評価

このテーマも最近よく見かけます。パッとみてSANGOだなって分かるデザインですね。

急激に使用者が増加し ている印象で、STORKから乗り換える人が多いようです。

1 デザイン

Googleが推奨するマテリアルデザインを取り入れています。特徴的ですね。

近いものでフラットデザインがありますが、フラットデザインもマテリアルデザインも時代の流れっぽいですね。

いろんなところで見かけるようになりましたが、僕はまだ見慣れません。

SANGOのデザインは時代を先取りしているカンジですが、まだ僕には早いかな。

2 サポート

公式サイトの説明ページが充実しています。お問い合わせについては公式サイトに

「導入やカスタマイズの個別サポートは基本的に対応しておりません。」

と。ただ、SANGOの解説ブログを見ると、ツイッターでサポートを受けている方もチラホラいるようです。

3 コスト

こちらもストーク同様10,800円。複数サイトで使用可能なのでストークよりはコスパがいいですね。

4 発売日

20179月です。STORK・Diverより新しいですね。

5 表示速度

SANGOは表示速度が速いと評判です。爆速との声をよく聞きます。

これは今のブログ界には重要なメリットですね。STORKから乗り換える人が多いのも納得です。

AMPはプラグインでの対応が必要なようです。

テーマ側でAMP設定ができれば初心者にはありがたいのですが。

SWALLOW(スワロー)の評価

さて、今回僕が選んだスワローです。テーマを変えようと思うようになったキッカケがスワローの発表でした。

1 デザイン

デザインはOPENCAGE製ですから言うこと無しです。

ストークに似たレイアウトなので、あこがれもあります。

ただストークと異なって、カスタマイズできる箇所が少なくなっています。

かゆいところには手が届かないです。

これは自分でCSSをカスタマイズするしかありません。

2 サポート

ストークと同様です。

購入者に限っては30日以内であれば優先対応があるそうなので、何かあれば利用しようかなというぐらい。

3 コスト

9,900円とストークより割安です。

ストークの機能を削ぎ落とした軽量版という位置づけだからでしょう。

割引クーポンもあって10%オフで購入できました。(131日で終了)

スワローも複数サイトには使用できません。

4 発売日

20181月17日です。今回比較した中では一番新しいです。

新しいもの好きにはもってこいです。

5 表示速度

ストークの機能を削ぎ落とし、表示速度向上を図っているようです。

口コミや評価がまだ少ないのでなんともいえません。

表示速度は期待したいところです。

AMPはプラグインでの対応が必要です。

総合すると…

冒頭にも述べましたが、「デザイン、価格、新しい」というポイントでスワローを選択しました。

STORKはスワローが発表された時点で古い世代のテーマと判断し、新しいモノが欲しい僕は選択肢から外しました。

古い世代と書きましたがスワローを買ってみて思うのは、STORKは現時点でもOPENCAGE製テーマの中ではフルスペックの最強テーマなのかなと。

フラッグシップモデルといいましょうか。

iPhoneで例えるなら、「スワローはiPhoneSE」で、「STORKiPhone6s/6sPlus」みたいな。(当時、SE発売の前に6s/6sPlusが発売されている)

例えが下手だな。

SANGOはそのデザインに自分が追いついていないので選択肢から外しました。(時代に取り残されてる? ?)

最後まで悩んだのがDiverで、サポートやAMP対応の面で優れているなと思いました。

AMP対応はぜひしたいなと思うのですがいろいろと制約があって思い通りの表示を実現するのが難しいです。

そんなときにサポートが充実していると大変助かります。

Diverは複数サイトでの使用も可能です。

今後ブログを複数運営するようなことがあれば間違いなくDiverですね。カスタマイズでどんなことも実現できそうですし。

おわりに

初めての有料テーマということで、購入してから「失敗した!」なんて思いたくなくていろいろ調べました。

それぞれのテーマを実際に使用しているサイトを見に行くと、イメージがしやすいです。

ブログを初めて早1年。いつかは有料テーマを。と思って続けてきましたが、なんとかたどり着けました。

今後、有料テーマに変えたことでアクセス数にどのような変化があるか楽しみです。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク