SYACHI FES(しゃちフェス)2018 会場の雰囲気と注目のアイドル4組をレポート

SYACHI FES(しゃちフェス)2018 会場の雰囲気と注目のアイドル4組をレポート アイドルとオタク

2018年6月24日に第2回目の開催となる無料大型アイドルフェス「SYACHI FES(しゃちフェス)」が開催されました。

晴天に恵まれ、大盛況をみせたイベントを楽しんでまいりましたので、現場の雰囲気をご紹介します。

しゃちフェス2018の個人的な注目は「祭nine.」と「ベイビーレイズJAPAN」です。

この2組が出演したSYACHI FES 2018

会場の雰囲気やライブの模様をお届けします。

SYACHI FESとは

SYACHI FESは、名古屋を拠点に活動する「チームしゃちほこ(現 TEAM SHACHI)」が主催する無料野外アイドルフェスイベントです。

2018 年が2回目の開催となります。

例年6月に大高緑地公園で開催され、無料野外ロックバンドフェス「FREEDOM NAGOYAの翌日に開催されるのが「SYACHI FES」という日程になっています。

会場(大高緑地)の様子

10:00ごろ会場である大高緑地公園に到着しました。

昨年(2017年のSYACHI FES)よりも人は多かったですね。

昨年は雨だったので参加をためらった人も多かったでしょう。

SYACHI FES(しゃちフェス)2018 会場入口

▲しゃちフェス2018 会場入口

まずは開演前の会場内の様子をご紹介します。

なお、名鉄左京山駅から会場までの道順については以下に詳しく記載しています。

もう迷わない!FREEDOM NAGOYA 会場への徒歩ルートと会場内の様子を写真付きで解説

もう迷わない!FREEDOM NAGOYA 会場への徒歩ルートと会場内の様子を写真付きで解説

メインステージへの入場待機列

会場に入ってすぐ、メインステージへの入場待機列が出来ていました。

2017年にはなかった光景です。

SYACHI FES(しゃちフェス)2018 メインステージへの入場待機列

▲メインステージへの入場待機列

シートエリア

シートエリアは到着時点ですでに開放されていました。

10:00着でも場所に余裕アリです。

ちなみにメインステージのスタートは10:50です。

スタートが近づくとスペースも埋まってきます。

SYACHI FES しゃちフェス2018 シートエリア
SYACHI FES しゃちフェス2018 シートエリア
SYACHI FES しゃちフェス2018 シートエリア

物販エリア

物販エリアでは、SYACHI FES(しゃちフェス)公式グッズや出演アーティストの物販が始まっていました。

SYACHI FES しゃちフェス 2018 物販エリア

▲物販エリア

キッチンカー(屋台)エリア

物販エリアと、メインステージ後方にキッチンカーが出ています。

野外で食べるかき氷は美味しいですよね。

SYACHI FES しゃちフェス 2018 物販エリアのキッチンカー

▲物販エリアのキッチンカー。写真の行列は物販行列。

SYACHI FES しゃちフェス 2018 メインステージ後方のキッチンカーエリア

▲メインステージ後方のキッチンカーエリア

ゴミステーションがあるのでゴミはゴミ箱へ捨てましょう。

SYACHI FES しゃちフェス 2018 ゴミステーション

▲ゴミステーション

ちなみにしゃちほこメンバーのランチはホテルナゴヤキャッスルのケータリングだったようです。

クラウドファンディングのテント

特典会エリアへ向かう途中にクラウドファンディングの支援特典となっていたテントが設置してありました。

SYACHI FES しゃちフェス 2018 クラウドファンディングの支援金額 20,000円の特典「あなた専用テント」

▲【限定15名】あなた専用テントを使える権利:支援金額 20,000円

このテントからステージは見えませんが、休憩するにはいいですね。

日差しを避けることができます。

前日は雨⇒当日は晴天

前日はFREEDOM NAGOYAと呼ばれるロックバンドのフェスが開催されていました。

こちらも無料のイベントで多くの人が来場しています。

天候は雨で、地面はグチャグチャ。

田植え状態だったようです。

SYACHI FES(しゃちフェス)当日はというと、朝方に少し雨が降っていたようですが、私が到着した時点で雨は止んでいました。

その後徐々に日差しが強くなり、まさにカンカン照りの晴天となりました。

しかし依然として地面はグチャグチャ

日陰となっている箇所やメインステージの前方〜中心部〜後方はひどかったです。

SYACHI FES しゃちフェス 2018 地面はグチャグチャ

▲地面はグチャグチャ…

シートエリアの地面は問題なかったです。

レジャーシートを敷いて座ればお尻は濡れませんでした。

メインステージへ入っていくと靴は汚れますね。

濡れていないところを気をつけて歩けば大丈夫ですが。

長靴を履いている人、サンダルの人、裸足で挑む人。いろいろでした。

それと日差しが強かったので日焼けしました。

日焼け止めクリームはこまめに何度も塗り直さないといけませんね。

また、日傘をさす女子が多数見られました。祭nine.のオタさんでしょう。

この日は日傘必須だったと思います。

ステージ周辺の様子

メインステージへの入場が開始され、続々と人がステージ前に入ってきました。

SYACHI FES しゃちフェス 2018 KawasakiステージとNSMステージの様子
SYACHI FES しゃちフェス 2018 KawasakiステージとNSMステージの様子

▲KawasakiステージとNSMステージ の様子

SYACHI FES しゃちフェス 2018 TOYS STAGEの様子

▲こちらはTOYS STAGEの様子

今年もいた!あんな人やこんな人

2017年のSYACHI FESの記事にも書きましたが、会場にはいろんな人がいました。

  • 松葉杖をついている方(骨折している)
  • 車椅子の方
  • ベビーカーで幼児を連れている方
  • お年寄りの方
  • 親子3世代ファミリー
  • 特攻服の方
  • イマドキの女子(おそらく祭nine.のオタク)

こうして老若男女、性別問わず、いろんな方が観に来られるっていうのは素晴らしいしステキだと思います。

チームしゃちほこ(現TEAM SHACHI)とその運営が成し得るワザですかね。

さて、そんな会場でライブがスタートです。

煌めき☆アンフォレント

メインステージのオープニングはチームしゃちほこ。

SYACHI FES(しゃちフェス)2018の開会を宣言し、2組目の煌めき☆アンフォレントへバトンタッチです。

キラフォレは昨年に続き2回目の出演です。

昨年はメインステージではなくサブステージでした。

個人的には、西ひよりさんが期間限定復活してからの体制で初めてステージを観ます。

6人体制は大きなステージで映えますね!

躍動感が伝わります。

観客もいっぱいでした。

nine.

SYACHI FES(しゃちフェス)には初出演の「祭nine」です。

そして出演者唯一のメンズアイドル

BOYS AND MENの弟分的存在。

名古屋を拠点に活動を展開する祭nine.。

どんなステージパフォーマンスか気になっていました。

そのステージは男気溢れるカンジ(表現合ってますか)でアクロバットあり!煽りもあり!

さわやかな好青年たちが会場を盛り上げていました。

メンズアイドルなのでファンは女の子ばかり。いわゆる女オタ。

昨年とは客層が異なります。

声援の声も高くてライブ中は雰囲気が一味違います。

メンズアイドルの女オタは一体どんな風に盛り上がるのか?についても個人的に気になっていました。

その様子は普通のドルオタ(男)と同じという印象。

推しジャンしたり、コールしたり、後方でフリコピしたり。

性別問わず、オタクはオタクでしたw

ベイビーレイズJAPAN20189月解散)

nine.に続く、個人的目玉はベビレです。

ベビレが無銭で観られるっていうのはチームしゃちほこ(現 TEAM SHACHI)主催だからこそかと思います。

しかも東海地方で。

改めてベビレとしゃちほこが無銭で観られることがスゴイと感じました。

私個人は生でベビレを観覧するのは初。

林愛夏ちゃんの歌声が聴けるということで楽しみでした。

もちろん期待を裏切らない美声。

5人のダンスも激しく、観客への煽りもあって盛り上がるセトリ。

そしてエモーショナルロックなベビレに期待してしまうのは「夜明けBrand New Days」。

ですが、この日のセトリにはありませんでした。

この1曲はそう簡単に披露してくれませんね。

とはいえ、 夜明け無しでも大満足なパフォーマンスでした。

2018年7月25日、ベイビーレイズJAPANの解散が発表されました。

2018年9月24日がラストライブとなり、その日をもって解散しています。

ベイビーレイズJAPANが9月24日で解散することを発表 ラストライブは山中湖

チームしゃちほこでクライマックス!

さて、SYACHI FESはクライマックスと同時にフィナーレを迎えます。

大トリを飾る主催のチームしゃちほこの登場です。

チームしゃちほこが登場すると会場全体が1つになるんですよね。

しゃちほこを観なきゃ終われないんです。

代表曲の

  • 抱きしめてアンセム
  • ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL

で盛大に沸きます。

「ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL」ではみんなで肩を組んでヘドバン。

フリが真似しやすく、コールも入れやすいセトリが組まれ、みんなで踊って大合唱でした。

「SYACHI SUMMER 2018 -crazZY!×SWEAT-」の告知を挟み、この日の出演者総出でフィナーレを迎えます。

ステージ上に出演者全員がそろい、しゃちほこメンバーが出演者を紹介していきます。

そして最後に「JUMP MAN」を出演者全員で披露し、 終演となりました。

ピンチケがリフト⇒把握しました残念です

チームしゃちほこのパフォーマンス中に一部リフトが上がっていました。

上がった途端、後方からスタッフが駆け寄り、リフトを剥がしていました。

リフトは禁止行為だったのでしょう。

その様子がツイートされていて、それに対し、公式ツイッターが「把握しました、残念です。」とリプしています。

こうしたイベントにトラブルは付き物ですね。

迷惑行為や危険な行為はやめましょう。

特典会と物販

ライブステージと平行して特典会を行うグループと終演後に特典会を行うグループの2つに分かれています。

アイドルとのチェキ撮影ポーズや握手で失敗しない10のポイント

キラフォレ 小倉あん 加入1周年

小倉あんさんは2018年8月5日に煌めき☆アンフォレントを卒業しています。

煌めきアンフォレントの特典会では無料ハイタッチ会が実施されました。

400人くらい?並んでいました。結構スゴイ。

その後の通常特典会もたくさんの人が並び、キラフォレの人気が上昇していることが伺えました。

メンバーの小倉あん氏はグループ加入のお披露目ステージが2017年のSYACHI FESでした。

ということで、お披露目から1周年。(正確には625日が1周年)

おもしろいキャラですし、スタイルがよくてダンスが映える。 

人気も上がってきて、これからの活躍が楽しみです。

ベビレの特典券は枯れていた

ベビレの特典会に参加しようと物販に並んでいました。

特典は全員握手。

グッズを購入することで特典券がもらえます。

物販に並んだはいいものの、これがなかなか進まない。

じっとこらえて並んでいましたが、途中で特典券が枯れました。

そのことに気付かずしばらく並んでいましたが、周りの様子を伺って列を去りました。

「くっ、無駄な時間を過ごしてしまった」と心の中でつぶやきながら、悔しい思いをかみ締めました。

ちなみに、物販列の最後尾の人が持つ、最後尾表示が紙に手書きでびっくりしました。

ベイビーレイズJAPAN 物販最後尾の札が手書きの紙

▲最後尾札、手書きかよ…

ベイビーレイズJAPAN 物販最後尾の札が手書きの紙 裏面はグッズ一覧

▲裏面はグッズ一覧…

最後尾札は、行列の最後尾の人が「ココが最後尾だよ」って並ぶ人たちにお知らせするやつです。

よくあるのはプラカードみたいなやつなんですが、ベビレは紙に手書きでしたw

特典会には参加できませんが、特典会をやっているところを少し離れたところで眺めることができました。

これがベビレかぁ。と。

nine.

nine.の物販は時間いっぱいまで絶えることが無かったです。

私がベビレの物販に並んでいる途中、すぐ隣で物販が打ち切りになっていました。

特典会も人多かったですね。

特典はサイン会でした。チェキではないんですね。

おわりに

第2回目の開催となったSYACHI FES(しゃちフェス) 2018について会場の様子やライブ・特典会の様子をご紹介しました。

個人的には元キラフォレ、はなまるオレンジのあの人にも遭遇できてうれしかったです。(元気そうだった。)

最後のMCでチームしゃちほこが言っていましたが、来年(2019年)も開催されるんじゃないでしょうか?

東海地方で夏の始まりを感じられるイベントとしてこれから定着してほしいものです。

2019年のしゃちフェスは開催がありませんでした。

しゃちフェス2018│出演者の声

チームしゃちほこメンバーのブログ

SYACHI FES 2018 秋本帆華

長いよーん!(咲良菜緒)

※めっちゃくちゃ長いです。(大黒柚姫)

続いて、出演者のツイートをご紹介。

しゃちフェス2018 詳細

出演者一覧

2018年5月16日全出演者が発表されました。

出演者
  • チームしゃちほこ
  • アイドル教室
  • ASTROMATE
  • アップアップガールズ(仮)
  • アップアップガールズ(2)
  • あゆみくりかまき
  • N-Twinkle TRIBE
  • OS☆U
  • おとめボタン
  • 煌めき☆アンフォレント
  • け~ぶるGiRLS
  • dela
  • ばってん少女隊
  • バンドじゃないもん!
  • Pimm’s
  • ベイビーレイズJAPAN
  • 祭nine.
  • ゆるめるモ!
  • らじお女子
  • ROSARIO+CROSS

昨年出演していたわーすた、大阪春夏秋冬がいないのは残念。

キラフォレは2年連続で出演です。

タイムテーブル

2018年6月8日(金)タイムテーブルが発表されました。

エリアマップとアクセス

2018年6月21日に会場エリアマップが発表されました。

2017年と大きく変わりません。以下を参考にどうぞ。

もう迷わない!FREEDOM NAGOYA 会場への徒歩ルートと会場内の様子を写真付きで解説

もう迷わない!FREEDOM NAGOYA 会場への徒歩ルートと会場内の様子を写真付きで解説

ライブレポートとセトリ

ライブレポート「SYACHI FES」今年は快晴!しゃち、ベビレ、あゆくま、アプガ、祭nine.ら20組が熱演より。

チームしゃちほこ

  1. OEOEO

煌めき☆アンフォレント

  1. =虹色=サンシャイン
  2. 奇跡≒スターチューン
  3. 運命√ビッグバン
  4. 煌々◇ナミダ
  5. 幻影★ギャラクティカ

ゆるめるモ!

  1. 逃げろ!!
  2. ゆるめるモん
  3. Youとピアザ
  4. Only You
  5. ミュージック 3、4分で終わっちまうよね

ばってん少女隊

  1. よかよかダンス
  2. ますとばい!
  3. カントリーガール
  4. コトバテニス
  5. 乙女ノ手札
  6. おっしょい!

祭nine.

  1. 嗚呼、夢神輿
  2. 太陽ZAN-MAI
  3. HARE晴れカーニバル
  4. ドドンコ Don’t worry
  5. バッシャーン!!!

バンドじゃないもん!

  1. キメマスター!
  2. 夏のOh!バイブス
  3. Q.人生それでいいのかい?
  4. ショコラ・ラブ
  5. 青春カラダダダッシュ!

アップアップガールズ(仮)

  1. アッパーカット!
  2. キラキラミライ
  3. ジャンパー!
  4. アッパーレー
  5. 私達

あゆみくりかまき

  1. WAR CRY
  2. Amagami Days
  3. 反抗声明 
  4. KILLLA TUNE
  5. 鮭鮭鮭
  6. 未来トレイル

ベイビーレイズJAPAN

  1. 虎虎タイガー!!
  2. JUMP
  3. ○○○○○
  4. 僕らはここにいる
  5. シンデレラじゃいられない

チームしゃちほこ

  1. トリプルセブン
  2. START
  3. 抱きしめてアンセム
  4. Wow Oh! Oh!
  5. 雨天決行
  6. ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL
  7. JUMP MAN

クラウドファンディングの内容

 無料フェス運営資金の調達を目的に、クラウドファンディングが実施されました。

クラウドファンディングのページには以下のような記載があります。

先日、全出演者さまの発表も行い、いよいよ6月24日に向けて準備も佳境に入ってきております。

無料フェスの開催という取組を行う上で、ステージ設営やフェス運営の資金を調達するため、SYACHI FESは今年クラウドファンディングに挑戦させて頂きます。

 スポンサーさまからの協賛金、グッズ収入、飲食収入を運営資金として使用させて頂きますが、今回のクラウドファンディングでは、フェス運営資金として辿り着かない部分へのご支援・ご協力を募らせていただきます。   

いくつかリターン内容をピックアップしてみます。

ツーショットチェキ 各メンバー限定100名

リターンの中にツーショットチェキがあります。

5,000円でツーショットチェキ1回と「生写真 〜ありがとうver.2〜」がもらえるという内容です。

各メンバー限定100名なので、あっという間に枯れたんだろうなぁと思って、ページを見てみたところ、全メンバー「残り1人まで」の表示で更新が止まっていました。

しゃちフェスのクラウドファンディング 2ショットチェキのリターンが全メンバー「残り1人まで」の表示で止まっていた

▲「残り1人まで」で更新が止まっていた

ツーショットチェキ会はしゃちフェス当日の終演後に行われます。

その後、ツーショットチェキの支援枠は、「OUT OF STOCK」へ表示が更新されました。

どうやら「残り1人まで」の表示のときには、すでに枯れていたみたいです。

ツイッターでは申し込んでもエラーで申し込めなかったという声が多数ありました。

加えて、クラウドファンディングのサーバーがダウンしていたことが分かりました。

支援したくてもできない状態になっていたのですね。

生写真は浴衣

ファンにはたまらないですね。

前日スタッフになれる権利

限定30名で「SYACHI FES 2018の前日スタッフになれる権利」が支援金額3,000円で出ていました。

ツイッターでは何をするのか?という質問が。

重いものを移動したり、汚れる可能性もあるということで、お金を払って普通に働くわけですか。

メンバーにも会えない。

フェスの設営に参加できるのは、貴重な体験ではありますね。

これも私が見た時点では29人が支援していて、残り一人の状態でした。

こちらもその後、OUT OF STOCKになっています。

あなた専用テントを使える権利

限定15名で「あなた専用テントを使える権利」が20,000円で出ていました。

テーブル1台と椅子5脚が用意されるそうです。

これに対してツイッターでは以下の質問がありました。

ステージが見えたら最高だったでしょう。

これも残り1人の状態でした。

もしかして前日スタッフはこのテントを組み立てるのでは…

こちらもOUT OF STOCKになりました。

支援状況 無事達成!(2018年6月1日)

開始9時間後の状況で56%まで支援されていました。(目標金額は7,000,000円)

24時間経過では70%でした。

サーバーダウンに続き、またトラブルがあったそうです。

そして、目標金額を達成しました。

メンバー2名との個別握手ができる権利がずっと残った状態でしたが、こちらもOUT OF STOCKになりました。

ちなみにFREEDOM NAGOYAもクラウドファンディングによる資金調達が行われていました。

もちろん目標金額達成済みです。

東海地区最大の無料音楽フェスティバル『FREEDOM NAGOYA』を今年も成功させたい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク