MyEtherWallet からトークンを購入する方法 エラー発生??(ALISトークンの場合)

仮想通貨
スポンサーリンク

ALISという会社がICOで資金調達を開始しました。仮想通貨を始めたばかりの初心者がICOに参加してみました。

参加と言っていますが具体的には、MyEtherWalletを通してALISトークンをイーサリアムで購入することになります。

以下、その購入手順です。このページを参考にしました。

MyEtherWalletにイーサリアムを入れる

こちらの記事を参照して下さい。

MyEtherWallet お財布の作成方法 スマホではできない? 入金 送金のやり方

MyEtherWalletでのウォレット (お財布)の作り方とコインチェックからイーサリアムをウォレットに送る方法を記載しています。

僕の場合、「amount is too big」というエラーが出て一度失敗しています送る金額は手数料を除いた金額を入力する必要があります。ご注意を。

ちなみに、ICOでのトークン購入にはイーサリアムがよく使われます。その他アルトコインでは買えません。ビットコインは対応している場合が多いようです。

ALISトークンを購入する(MyEtherWalletからイーサリアムをALISに送る)

次に、ALIS (https://alismediajp)のページを開きます。「 利用規約に同意する(I agree~~のところ) 」のチェックボックスをクリックし、「 CONTRIBUTE IN ETHER 」をクリック。

すると、以下の警告画面が表示されます。必ずウォレットからトークンを買う必要があるようです。正しく言うとERC20に準拠したウォレットです。ERC20に準拠していればMyEtherwalletでなくてもOK。

コインチェックなどの取引所から直接イーサリアムを送ってトークンを購入するとイーサリアムが消滅してしまうらしいです。詳しいことは分かりませんが… 怖い怖い。

画面の「OK」をクリック。

次の画面の「イーサリアム送付先アドレス(ETH ICO Contract Adress)」と「推奨ガスリミット(Gas Limit)」を後で使用します。「イーサリアム送付先アドレス」の文字と数字の羅列はコピーしておきます。この画面でも取引所から直接ETHを送らないようにと注意書きがあります。

MyEtherWalletを開きます。「Ether/トークンの送出」をクリック。 お財布を開きます。

財布を開くと、以下の画面が出てきます。宛先アドレスに、 先ほどALISのページで表示された「イーサリアム送付先アドレス(ETH ICO Contract Adress)」(アルファベットと数字の羅列)を貼り付けます。送出数量にトークン購入に使用するイーサリアムの数字を入れます。

ガスリミットは先ほどのALISのページにあった200,000を入力します。そして「トランザクションを生成」をクリック。

以下画面に切り替わるので「トランザクションの送出」をクリック。

警告!と出てきますので、内容を確認して、「はい、確かです。処理を実行します」をクリックします。

これでMyEtherWalletからイーサリアムをALISに送ったのでALIS トークンが購入できることになります。

エラー発生 ファンドが足りません

ここでエラーが発生してしまいました… 冷や汗です。僕のイーサリアム消えちやったのか?!

「ファンドが足りません。トランザクション送出元のファンドが不足しています。ガスとして使われるために、少なくとも0.01ETHがお財布上に必要です。」というメッセージ。

どうやら、送出数量の数字が間違っていたようです。僕はウォレットに預けたイーサリアムの全額を送出数量に入力しました。そうするとガスリミット=「手数料」を支払う分のイーサリアムが残らないので、手数料分は残さないといけなかったようです。

画面にある「残額をすべてを送出する」をクリックすれば、 自動的にいくら送出できるか入力されるので、すべて送出する場合はここをクリツクします。

そしてもう一度 「トランザクションを生成」、「トランザクションの送出」をクリックします。

するとまた赤表示でエラーが!!マジかよっ。エラーメッセージは「同じハッシュのトランザクションがすでにインポートされています。」なんのこっちゃ…… 失敗なのか? なんて思って結構あせりました

まぁイーサリアム自体小額ですから失っても諦めはつきます。でもトークンは欲しいです。

ひとまず、参考にしたページの手順を進めます。(←落ち着け自分)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カスタムトークンを追加する

これをやれば、購入したALISトークンの数量が表示されるので、購入できたかどうかが分かるはずです。

Ether/ トークンの送出」の画面右下にある、「カスタムトークンを追加」をクリック。

アドレスにALISトークンのアドレス「0xEA610B1153477720748DC13ED378003941d84fAB」 トークンシンボルに「ALIS」ケタ数に「18」を入力し「保存する」をクリック。

 

これでトークン残高が表示されるはず……….

表示ゼロ……

おーいマジかー!! 失敗なのかー?

やり直しか? と思いながらいろんなところをクリックしてみました。

トランザクションの履歴を確認

画面「トランザクション履歴」の「ETH(https://etherscan.io)」をクリック。

するとこんな画面が。

んーよく分かんないなあ。英語だし。成功したか失敗したかはわからんなあ

次っ! 「トランザクション履歴」の「Tokens(Ethplorer.io)」をクリック。

よくわかんねえ。

初心者がやっちゃダメだったか? なんて不安になっていたそのとき!!!

「処理状況を確認 」画面で、ハッシュ値(ハッシュナンバー? )を入力したら、こんな画面が!!

どうやら成功しているようです。赤字があればエラーのようですが、見当たらないので。

ハッシュ値はトランザクション履歴の「ETH(https://etherscan.io)」で表示される「TxHash」の値を入れます。

処理が成功しているということはカスタムトークンで追加したALISのトークンにも購入したトークン数量が表示されるはず!!

 トークン購入できたよ!! (成功していた)

先ほどカスタムトークンで追加したALISトークンの表示にも数字が出てきました。やったー!! 買えたみたい。

おわりに

不安になりながらも、MyEtherwalletからイーサリアムでトークンを購入することができました。

これでALISプロジェクトのICOに参加(トークンをゲット)できたわけです。もう少し買い増ししようかな。 もうエラー無しでやれそうです。

このALISトークンがどこかの取引所に上場すれば、価値が上がり、先行者利益を得ることができるんですよね。たぶんそういうことだと思います。

そのまえにALISが目標金額まで資金調達できないとダメですね。あとはALISが調達した資金でビジネスをうまく展開できるかどうか。期待したいです。

他のICO案件にも参加してみようかなって思っていたところに、中国ではICOによる資金調達は違法だと判断され、禁止になってしまいましたね。チャートがすごいことになりましたね

この先仮想通貨がどうなるか心配ですが、まだまだこれから仮想通貨は広まっていくのではと思います。「通貨」というより「ブロックチェーン技術」が広まって、世の中にいろいろな変化を生み出しそうですね。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク