たったの3分!DASHコインをモバイルウォレットで管理する方法

仮想通貨

この記事では仮想通貨DASHコインのモバイルウォレット(スマホアプリ)の使い方·手順をご紹介します。

コインチェックがDASHコインの取り扱いを廃止したため、DASHを保有している方は売却か出金の対応が必要です。

売るか・別の取引所へ移すか・ウォレットに移すか悩みますよね?

僕はウォレットに預けてホールドすることにしました。

ウォレットといってもいくつか種類がありますが、僕はモバイルウォレットを選択しました。

なぜなら手っ取り早く超簡単に導入できるからです。

そしてスマホでいつでも管理できるからです。

ちなみに一番セキュリティが強固なウォレットはハードウォレットです。

レジャーナノSが有名です。DASHにも対応しています。

大量に保有している方はこちらで管理されるのをオススメし ます。

DASH モバイルウォレットの使い方

めちゃくちゃ簡単です。

導入自体は3分もあれば終わってしまいます。

iOS版で説明します。もちろんアンドロイド版アプリもあります。

 

Dash Wallet

Dash Wallet
開発元:Dash Core Group, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

まずはインストールです。「DASH wallet」で検索するとアプリが出てきます。「入手」をタップ。

アプリを開きます。

「新規ウォレット」をタップ⇒「新規復元フレーズを作る」をタップします。

復元ワードが表示されます。復元ワードは大事なので保存しておきましょう。「紙に書き留めました」をタップして次に進みます。

復元ワードは

  • 誰にも見せない
  • パスワード管理アプリに登録しない
  • 信用できない端末に保存しない
  • 写真を撮らない

と書いてあります。

試しにスクショしてみました。

すると前画面に戻ってしまいます。

スクリーンショットを撮ってしまうと次に進めません。

なので、紙に書き留めるか、信頼できる別の端末に記録しておきましょう。

続いてパスコードを2回入力します。これで完了です。

たったこれだけでインストール完了です。

とても簡単です!

トップページは「送金する」と表示されたページです。左にスワイプすると受け取りアドレスが表示されたページになります。

右上のハンバーガーメニューをタップすると、「取引履歴」と「秘密鍵をインポート」、「設定」が表示されます。

とてもシンプルな画面構成でわかりやすいです。

コインチェックからDASHコインを送る

コインチェックにログインします。コインを送るからDASHを送るを選択。

「送金先リストの編集」から送金先のアドレスを登録し、「宛先」で登録したアドレスを選択。送金目的、金額を入力して「送金する」をクリックします。

送金してよろしいですか?とポップアップが出てくるので、「OK」をクリック。

これで送金の操作は完了です。

 

送金の操作をしてから約6時間。モバイルウォレットに着金されました。

めでたしめでたし。

おわりに

DASHコインのウォレットにはデスクトップウォレット、モバイルウォレットがあります。

今回はDASH公式のモバイルウォレットについて使い方をご紹介しました。

どのウォレットを使おうかお悩みの方に参考になればと思います。

DASHと同じ匿名通貨Monero(XMR)のモバイルウォレットについても使い方をご紹介しています。

スマホで簡単!XMRモバイルウォレット「Monero Wallet by freewallet」の使い方

やっぱりモバイルウォレットは簡単スピーディーで扱いやすいですね。

ただし、セキュリティをより重視される方にはハードウェアウォレットがおすすめです。

 

▼ハードウェアウォレットはレジャーナノS

ハードウェアウォレットとしておすすめはLedger NanoS です。

セキュリティが強固なので、高額な仮想通貨をお持ちの方はマストアイテムですね。

 

▼おすすめの取引所

国内の取引所はZaifがおすすめです。仮想通貨の積立が可能です。

Zaifで仮想通貨の「コイン積立」を始めてみる 登録方法を解説

国内にはDASHを扱っている 取引所はありません。

DASHの取引をするなら海外の取引所を利用しましょう。

バイナンスが有名です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク