楽天証券 NISA口座開設方法 証券口座を放置していた僕がつみたてNISAを始めてみる

投資
スポンサーリンク

以前から、株式投資に興味があって、いつかやりたいなぁと思いながら、なかなか手を出せずにいました。

いつでも株を買えるように、口座だけ作っておこうと思い、楽天証券で口座を作っていました。

ここで言う口座は証券会社の総合取引口座であり、NISA口座とは別ものです。NISAをはじめるには、証券会社で口座を作って、さらにその証券会社でNISA専用口座の開設が必要になります。

今もその口座にはお金は入っていませんし、株ももちろん買っていません。

口座を作っただけの状態で数年が経過していました。

さとぽん
これは後悔いまや日経平均は最高値を更新している状況わずかでも投資しておけばよかった

で、最近、日経平均の26年ぶり高値とか連騰記録更新などのニュースを目にして株への興味が再発してきました。

さらには仮想通貨なんてものを始めちやって、「投資」に対する感度が上がっているのです。

そんな状況で、つみたてNISAなるものを知りました

今回はこのつみたてNISAを始めるためにNISA口座を開設する手順を記載したいと思います。

なぜ楽天証券にしたか

今回つみたてNISAを始めるに当たって、なぜ楽天で口座を作ったかというと、もともと、楽天証券に証券総合取引口座を持っていたからです。

冒頭にも記載したように、NISA口座を作るには、証券会社で証券口座を作っておく必要があります。

なので、すでに楽天で口座を持っていた僕は手っ取り早くそのまま楽天でNISA口座を開設することにしました。

じゃあ、そもそも、証券口座を開設するときになぜ楽天証券にしたか?という点ですが、通販・ショッピングサイトの「楽天」を知っていて(もちろん利用したこともあって)、とっつきやすかったからです。

もちろん他にも選んだ理由はあって、ネット証券会社であること、人気ランキング上位に入っていることも選んだ理由です。

人気ランキングにいくつかネット証券が出てきますが、素人の僕にはどこがどういいのか分からない。

なんか難しそう。と思えたのです。

そんな中で楽天証券も人気ランキングに入っていて、通販サイトの楽天にログインできるIDがあれば口座が作れます。って書いてあったんで、始めやすかったのです。

放置していた理由 単元未満株が買えない

口座を作ったし、株を買おうと思うのですが、楽天では単元未満株が買えません

通常、株は1単元単位で取引します。多くの会社は1単元=100株だったりします

つまり、1単元の株を買うには100株分買うことになります。株価1,000円であれば、1,000×100100,000円です。

ということで、単元単位で株を買うにはお金がかかります。

複数社の株を買おうと思ったらなおさらです。

そこで、世の中には、単元未満株を買えるサービスがあって、ワン株とかミニ株とかプチ株なんて呼ばれているものです。(各社さまざまな名称が付いています)

1株単位で購入できたり、少額で株式が購入できます。

おお、これなら僕にもできそう!と思うのですが、僕が口座を作った楽天証券にはこの類のサービスがありません。

さとぽん
ガーン!

ということで株買えねぇってなって放置していました。

単元未満で取引できる口座を作ればいいのですが、 ちょっと面倒くさくなっちゃって。

今思えば、投資信託をしていればよかったと思っています。

楽天証券では100 円から投資信託が始められるそうです。

時すでに遅し

つみたてNISAに興味をもつ

投資信託なら、少額でスタートできることを知り、投資信託を調べていると、つみたてNISAというものを知りました。

これが、2018年からスタートするというんです。

これは、始めるにはグッドタイミングなのでは!!

今申し込んでおけば、スタートと同時に開始できるということです。

このつみたてNISAは、年間投資額が40万円までという制限があって、運用益は20年間非課税。長期で投資する商品になっています。

長期でコツコツ積み立てる。

少額でしか投資できない僕にはちょうどいいと思い、つみたてNISAを始めることにしました。

つみたてNISA口座の開設方法(楽天証券)

さて、楽天証券でのNISA(つみたてNISA)口座開設方法を紹介したいと思います。

すでに楽天証券で通常の取引総合口座を持っている前提になります。

まず楽天証券にアクセスします。NISAのページから「NISA口座を申し込む」をクリックします。

 

ログイン画面になるので、ログインします。楽天証券の総合取引口座をお持ちで無い方は「いますぐ口座開設」から口座を開設してください。

 

初めてのNISAなので「NISA口座を申し込む」をクリックします。

 

NISA口座開設までの流れです。申込書が届くので、それを返送し、税務署で1〜2週間の審査期間があるんですね。

さとぽん
すぐには開設できないんだ。

 

口座の選択です。「つみたてNISAを開設」を選択し、発送先に間違いが無いことを確認して、「申し込む」をクリックします。

 

これで申し込み完了です。「受付状況を確認する」をクリックすると、口座開設までの進捗が確認できます。

 

このように受付状況が確認できます。このあと、申し込み書類が届きます。

 

申し込み書類が届きます。

 

同封書類は以下です。

  • 10分でわかる!NISAまるわかりガイド
  • NISA口座開設のお手続き
  • 非課税上場株式等管理に関する約款
  • 非課税口座開設届出書
  • 返信用封筒
  • マイナンバー通知届出書

このうち、楽天証券へ提出するのは以下3つです。

  • 非課税口座開設届出書(NISA口座開設届出書)
  • マイナンバー通知届出書
  • 本人確認書類

 

非課税口座開設届出書(NISA口座開設届出書)には、他の金融機関を含め、NISA口座の開設が有るか無いかをチェックします。

 

マイナンバー通知届出書には「記入日」「マイナンバー(個人番号)」を記入します。そしてマイナンバーの通知カードか、個人番号カードのコピーを貼り付けます。

本人確認書類は運転免許証や保険証・パスポートなどです。いずれかのコピーを同封します。

僕は免許証にしました。免許証の場合、裏面も記入の有無に関わらずコピーして提出が必要です。

あとは返信用封筒に入れて送るだけです。

その後、楽天証券から以下のようなメールが届きます。書類がちゃんと届いたようです。これから税務署の審査があるということです。

 

さらにもう一通メールが来ます。マイナンバーの登録が完了したという連絡です。

 

楽天証券のサイトで受付状況を確認すると「税務署審査中」となりました。1〜2週間待つ必要があります。

 

待つこと約2週間、12月19日にNISA口座開設手続き完了のメールが届きました。

 

これで口座開設完了です。

12月下旬から積立設定ができるそうです。

12月下旬とありますが、楽天証券のサイトには、2017年12月26日(火)を予定していると記載がありました。

おわりに

次はつみたてNISAでどの商品を買うか、検討したいと思います。

知識がないからいろいろ調べてみよう。

おすすめあったら教えてください…

スポンサーリンク
スポンサーリンク