【レビュー】HyperDrive MacBook Pro 2016 USB type-C 変換ハブの決定版! 使用してみた

HYPERDRIVE 外観1
PC周辺アクセサリー

MacBook Pro 2016 を購入したが…USB Type-C問題

2017年のApple Store初売りにて、MacBook Pro(Late2016) 13インチを購入しました。

このMacBook ProUSB Type-Cのポートが2つ搭載されているのみで、WindowsからMacへ乗り換えた僕みたいなミーハー野郎はこの仕様についていけないわけです。

iPhone7を使っていますが、MacBook ProiPhone7すら接続できません。同じApple製品だというのに…。

これにはびっくり&残念でした。せめてiPhone7MacBook Proくらいは最初から接続できるようにして欲しかった。

というわけで、手持ちの周辺機器をUSB type-Cで接続できるように、変換アダプタや変換ハプといった機器が必要になったのです。

かっこいい変換ハブを発見! KICKSTARTER

USB Type-C関連でいろいろ検索していると、KICKSTARTERに出ていたHyperDriveを見つけました。これ、めっちゃかっこいい

デザイン的には間違いない、コレ欲しいなと思いましたが、KICKSTARTERという海外のクラウドファンディングに抵抗があり、他に同じようなやつがないか探しました。

だがしかし、無いんですね〜これが。

USB3.1/HDMI/SDカード/microSDまでそろっている変換ハブはこれしか見つけられませんでした。しかもデザインは抜群。

もうKICKSTARTERに飛び込もうと決意しました。英語サイトにビビってんじゃねーって自分に喝いれて。

KICKSTARTERでの申し込みは意外に簡単でした。やり方を説明しているサイトを参考にしたり、グーグル翻訳で英語を日本語化するなどして挑みました。

スマホで購入を進めたのですが、支払いがApple Payでできたことに驚きました。

届いたよ 3週間くらい待ったかな

KICKSTARTERでの注文受付が終了してから、HyperDriveが現在どんな状況かをお知らせしてくれるメールが割りと高頻度で届きました。

「生産中だよ」とか、「中国の春節の影響で生産が止まってるよ」とか「受付番号いくつまで出荷したよ」とか。

自分の注文商品が出荷されたことを告げるお知らせメールが届いてから、34週間で手元に届きました。

海外からの出荷なので心配でしたが、 届いてほっとしました。出荷のお知らせメールには、4週間以上経って届かなかったら連絡するように記畿されていました。

 

手に持った感触は軽いです。見た目からは重厚感が感じられますが実物は軽いです。

開封の儀 外観など

HYPERDRIVE 外観

HYPERDRIVE 外観2

HYPERDRIVE 外観3 レザーケースが付いている

HYPERDRIVE 外観4

HYPERDRIVE 外観5

HYPERDRIVE 装着1

HYPERDRIVE 装着2

HYPERDRIVE レザーケース

HYPERDRIVEの印字、手前側が光る、レザーケースが付いているなど、注文時に認識していなかったデザインもありましたが、かっこいいカンジでよかったです。

おわりに

今回、初めてクラウドファンディングを利用して、クラウドファンディングっていろんな商品があるなーと感じました。

これを機にクラウドファンディングでおもしろそうな商品を探してみようかなと思うようになりました。

ちなみに、Steadicamのスマホ用スタビライザーVoltを狙ってましたが、受付期間を逃してしまいました。悔しい…。

それと、アイドル関係で2件クラウドファンディングで支援したので、追って記事にしたいと思います。 

みなさんもクラウドファンディングで便利なものやサービスを探してみてください。そして教えてください。おすすめ商品まとめたサイトないかなー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク