3776とExtended 異色の輝きを放つ富士山ご当地アイドル 井出ちよのと石田彰

3776とExtended 異色の輝きを放つ富士山ご当地アイドル 井出ちよのと石田彰 アイドルとオタク

アイドル現場で新しいスタイルのアイドルに出会いました。

それが「3776みななろ」と「3776みななろ Extended」です。さらに言えば「井出ちよの」という1人の女の子です。

(3776は”ミナナロ”と読む。富士山ご当地アイドルとして活動。)

昨今のアイドル業界は様々なスタイルでパフォーマンスを見せるアイドルがたくさんいますよね。

もう出つくしたでしょ?って思っていたけど、まだこういうカタチがあったんだっていうパフォーマンスでした。

ちょっと注目せざるを得ないアイドルだったので、本記事にて紹介します。

3776みななろ」と「3776みななろ Extended」が気になる方はぜひご覧下さい!

小生は「3776みななろ」と「3776みななろ Extended」に関する知識が少なくライブ観覧回数も少ないです。

ですが、印象深いライブステージを目の当たりにし、記事にしたい気持ちが抑えきれず、以下につづっております。

それゆえ、間違いや不適切な記載があるかと思います。

3376オタクの方でこの記事をご覧になった方がいましたら、間違いや不適切な箇所をご指摘いただけると助かります。

それでは、「3776みななろ」と「3776みななろ Extended」がどんなアイドルかご紹介します。 (させてください!)

お時間の許す限りお付き合いください。

3776は富士山ご当地アイドル

3776みななろは一言で言えば富士山ご当地アイドルです。(地名で言えば富士宮)

3776公式サイト

ツイッターとインスタグラムはこちら↓

3776みななろという数字の並びを見た通り、富士山にゆかりのあるアイドルです。

昔、富士山の標高3,776mを覚えるときに「3776=みななろう」(みんな富士山みたいに大きくなろう) と覚えた記憶が蘇ってきますでしょ?

3776のメンバー

メンバーは「井出ちよの」さん1人です。

過去には何人か所属してました。

例えば、

3776みななろ元メンバーの望月 玲那さんは2014年に3776を卒業し、2016年に「ヤなことそっとミュート(ヤナミュー)」にレナとして加入しています。

ヤなことそっとミュート(ヤナミュー) レナ 単独インタビュー

その後、2019年8月にヤなことそっとミュートを脱退しています。

アルバム「歳時記」発売

2019年8月28日にアルバム「歳時記」が発売されました!

名盤『3776を聴かない理由があるとすれば』以来4年ぶりとなるフルアルバムです。

2019年9月15日 名古屋パルコでリリースイベントをやっていたので、観てきました。

後に述べますが、井出ちよの氏は相変わらずいいキャラしてました。

石田彰プロデューサーは落ち着きがない様子でとずーっと動いてました。

リリースイベントではアルバム「歳時記」から数曲披露。

3776みななろはアイドルに分類されていますが、曲はアイドルソングじゃねぇからカッコイイw

アーティストですね。

でもMCとか自己紹介でしゃべるとアイドルなところがいいんです。

3776 Extendedとは

3776みななろ Extended」は「3776みななろ」の派生ユニット(?)です。

3776みななろ Extended」は、その場で即興演奏をしてパフォーマンスをするのが特徴です。

3776 Extended 公式サイト

ちなみに、Extendedは直訳すると「拡張」です。

3776 Extendedのメンバー

3776みななろ extended」は3776みななろのメンバーである井出ちよの氏とギター担当の石田彰プロデューサー(ファンの間ではあっきーらと呼ばれている??)の2人組みです。

プロデューサーは男性でおじさんです。(調べると2018年時点で47歳)

アイドルステージに男性がサポート的に出てくるの、嫌いじゃないです。(プレイボールズの熱血君とか) 

ギターや声を録音してループ

3776みななろ Extended」の何が新しいってそのパフォーマンスです。

音源はその場で作っていくスタイル

ギターのワンフレーズや、ちよのちゃんの声のワンフレーズを録音して、重ねて、曲をその場で作っていくのです。

(←伝われ〜〜〜、説明難しい…)

▲この動画を見たほうが説明が早いですね。

こんなカンジのやつ、昔ヒップホップとかラップの動画で見たことあるな〜って。

3776 Extendedが使っている機材

ステージ上にはいくつか機材がセットされています。

ループステーションとかループマシン・ループエフェクター・マルチトラックレコーダー・ミキサーとかって呼ぶんですかね。(どれが正解??)

(ウィキペディアにはRC-505、RC-300、MX-1などを使っていると書いてある)

▲こんなカンジの機材

▲掟ポルシェ氏のツイートによれば、KORG VOLCAという機材も使用されているようです。

こういうのを(一部ですが)アイドルが操っています。

なんかカッコイイw

以下のツイート動画でその様子を見ることができます。

機材以外に、ダンスダンスレボリューションの足で踏むシートもありました。 

昔なつかしいプレステの自宅用ダンレボで使うコントローラーのやつ)

▲ダンレボのシートを足で踏んだり離したりすると音が出る仕様になっています。

以下の動画は石田彰プロデューサーによる機材説明の動画です。

▲プロデューサー石田彰氏による機材説明動画

オタクからの質問に答える場面や、実際に機材を操作しながら使い方を説明する場面がありますよ。

ダンレボのコントローラーについては動画の11分あたりから説明があります。

こういった機材を使って音を作るスタイルについて、井出ちよの氏は2018225日のライブで

「(石田さんに)やれって言われたことをやっているだけだ」

と言っていましたが、ステージで操作するその姿にやらされている感はなく、カッコよかったです。

機材を使ってDJをやっているアイドルは他にいますが、それに似ているかというと、全く別物です。

とにかく、このパフォーマンスは私にとって新鮮で、引き込まれるものでした。

2018225日のライブについては後ろに詳しく書いています。)

3776と3776Extendedの衣装

井出ちよの氏が着る衣装がカワイイんです。

この衣装、なんとお母さんが作っていると!

以下の記事で歴代衣装を見ることができます。

そして、お母さんが衣装をどんなふうに作っているか、インタビューされています。

井出ちよの氏、石田彰プロデューサー、ちよの母の3人のトーク形式の記事なので、裏話が知れて面白いです。

衣装のコンセプトから、お母さんがちよの氏のアイドル活動をどう思っているか?まで語られています。

あと、井出ちよのチャンは緑が似合わないらしいですよ…

ご当地感はあまり感じられない

私が現場でステージを見る限り、「3776みななろ」も「3776みななろ Extended」もご当地アイドル感はありません。

アルバムCD「3776を聴かない理由があるとすれば」は富士山をコンセプトに作られているので、アルバムの収録曲にはご当地感がありますが。

「ご当地アイドル」とか「ローカルアイドル(ロコドル)」と聞くと、パフォーマンスや衣装に、地方の名産や観光スポットが取り込んであって、””ご当地””を押し出す部分が多いです。

(もちろんご当地アイドルでも“”ご当地”の守備範囲を越え全国区で活躍するグループもいますが。)

そんな中、この富士山ご当地アイドルは、ステージ上でのパフォーマンスに富士山も静岡も感じられません。

(自己紹介やトークでは「富士山・静岡・お茶」というご当地キーワードが度々出て、ご当地感をアピールしてきますがww)

むしろ一般的なアイドルが繰り広げるステージと比較すると異次元の輝きを放つステージでした。

3776 Extended in 名古屋 2018.02.25

2018年02月25日に初めて「3776みななろ Extended」を観ました。

アイドル現場を探していた週末、たまたま上のツイートが目に止まり、「3776」の数字が目に入りました。

3776の数字から富士山を連想した私。

調べてみるとやはり富士山と関係があるご当地アイドルだと知ったのです。

そしてさらに、

上のツイッターにもある

「オケを使わない、生演奏」

の言葉に、どんなライブなんだろう?と興味が沸き、動画を探して見てみました。

すると、

名前

なんだこのアイドルは!!観てみたい!

となって現場へ行くことを決意したのです。

井出ちよの氏の印象

この日の出演者は

  • 児玉律子(FAREWELL, MY L.u.v)
  • うさぎのみみっく!!
  • 3776みななろ Extended

の3組で、3776みななろ Extendedの出番は3番目でした。

3番目ではありますが、2組目が終わった時点でMCタイムとなり、3組全員がステージ上に登場することになって、井出ちよの氏も現れます。

そのMCの間にステージ上で機材のセッティングが行われていました。(上で書いたループマシンとかの機材)

MCのトークで井手ちよの氏は輝いていました。

おすすめの静岡土産を聞かれた際は

「お茶の葉クッキー」と答え、

名古屋で好きな食べものを聞かれた際は、

「じゃがりこの手羽先味がじゃがりこの中で一番好きだ。名古屋土産で買いたい。」

と受け答えしていました。

そんな会話、普通だろと思うんですが、他の2組がちょっと心配になるレベルのトークでして。(会話が成立しない…)

そこと比較すると井出ちよのちゃんの対応の良さが突出していました。

誰よりもハキハキと喋り、ちゃんと会話を成立させていたんです。

場数が違うんですかね。経験値でしょうかね。

出演者の中では身長も突出していました。一番大きかったです。

特典会で身長を聞いたんですが、161cmだそうです。

高身長アイドルが好きな小生ですが、165cmを超えてほしいところです。

今後の成長に期待です。

スタイルがよく、顔も小さいので大きく見えるのでしょう。

そのことを特典会で本人に伝えると、

「態度がデカイから身長もデカくみえるんだ」

とご本人がおっしゃっておりました。

動画やホームページで見るより実物は可愛かったです。(動画やホームページの写真がブスということではありません。勘違いしないように。)

動画やホームページで見る井出ちよの氏はポニーテールの髪型が多かったです。

なので、ポニーテールのイメージが先入観としてあったのですが、実物は髪を下ろして、サラサラのストレートヘアーをなびかせていました。

日々成長しているからか、過去の写真や動画には幼さが見え隠れしますね。

3776 Extended(井出ちよの)のチェキ券

さて、ちょっと話しがそれました。井出ちよの氏の印象の話しに戻します。

現場に行く前に3776みななろ Extendedの動画だけ見ていたので、私の中で

井出ちよの氏は音楽にこだわりを持った口数の少ないクールな人物

という人物像が勝手に出来上がっていました。

ところが、実物はそれとは違って明るい性格でまさにアイドル向きの女の子だと分かって勝手にギャップ萌えできてよかったです。

うん、井出ちよの、いいキャラしてる。

「いいキャラ」とか「好感が持てる」いう言葉がぴったりで自分が同年代だったら、友達になりたいカンジの子でした。

自己紹介・ライブ

自己紹介では「3776m・ミナナロ・富士山」のキーワードに加えて両手の指で「千」を作る”ちよののち”ポーズを盛り込んでのご挨拶。

(右手で2(ピース)、左手で1(人差し指を立てる)を作って右手を横に傾けてから両手を重ねる。あら不思議「千」に見えてきました)

オーディエンスに”ちよののち”ポーズを一緒にやろうと求めるなど、盛り上げ上手でした。

初見の私が音楽性からイメージするキャラとは別人で、間違いなくこの人は“”アイドル””なんだと認識させられた自己紹介でした。

この日は新衣装のお披露目だったそうです。

成長著しいお年頃ですからサイズが合わなくなって新調したとのこと。

衣装がステキです。靴もかっこよかった。

靴はNIKEのバスケットシューズKWAZIと推測されます。

ツイッターより画像をお借りします。

▲こちらは井手ちよの氏の公式インスタグラム

衣装はワンピースだったんですね。かわいい衣装だ。

▲この日のセトリ(ツイッターをお借りします。)

即興曲も披露されました。あっきーらさんが奏でるギターのワンフレーズから井出ちよの氏がテーマを連想し、そのテーマに合せて即興で曲を作っていました。

この日、テーマ「大工」でした。

▲漢字の「大工」を全身で表現する井手ちよの氏

なんというインスピレーションでしょうか。

今回のライブ、出演者の3組に共通して言えることですが、コールやMIXがなかったです。

アイドル現場でこれは珍しいですね。

“おまいつ”と呼ばれる熱心なオタクがいなかったんでしょうか。

それともそういう曲じゃない?

おそらく後者でしょうね。

3776みななろ」も「3776みななろ Extended」もそういう曲じゃないし、オタクもそういうオタクはいないです。

こういうアイドル現場もいいですね。特に「3776みななろ Extended」は聞き入ることができます。

この日は撮影可

ツイッターからいくつか写真を拝借させていたたがこの日は撮影OKだったようで。

3776みななろ3776みななろ Extendedは基本的に撮影OKのようです。(イベントによってはNGなこともある。)

どうりでみんなスマホ持って撮影していたわぁ〜。

私も撮影すればよかった…。悔やまれる。

悔やまれると言えばもう1つ。

物販で3776みななろのCDを買っておけば良かった。

後に記載するが、3776みななろについて調べれば調べるほど、3776みななろが気になってきた。

物販でCDを買えばサインも貰えたようなのでなおさら後悔。

機材セットのデメリットか?

機材を使ってその場で音を作るスタイルが新鮮でよかったですが、デメリットもありそうですね。

まず機材セットや準備に時間がかかります。

撤収も大変そうでした。

対バンアイドルライブでは15〜20分でタイムテーブルが組まれます。

なので、機材セット&撤収の時間を考えると、数多くのアイドルが出演する対バン形式のライブには不向きでしょうか。

それと機材トラブルもありました。

時間がタイトだと準備や調整が完璧にできないのでしょう。

3776みななろ Extendedをいろんなところでお目にかかりたいので、対バン形式のライブイベントに出演の機会が増えることを願います。

この日を振り返った内容がLINEブログに書かれています。

3776の評価・口コミが良い!

3776みななろの音楽はコアな音楽ファンの間ではすでに評価されており、注目を浴びています。

アルバムCD「3776を聴かない理由があるとすれば」のアマゾン商品レビューには音楽性に惹かれたファンがコメントを残しています。

著名人では掟ポルシェ氏がいち早く3776みななろに注目していたようで、2015年に話題になっていたようです。

3776のホームページもご当地アイドルのホームページにしては作りこまれている印象です。

物販にはアナログレコードも置いていましたし、ブルーレイもありました。

ご当地アイドルでこういう品揃えはなかなか無いなと。

音楽性に限らず、ホームページやアルバムジャケット、PV、物販商品などからこだわりやセンスを感じられます。

3776をもっと詳しく知る

1度ライブを観てから3776みななろが気になっています。

ネットで調べてみると、インタビュー記事など興味を引くページがいくつか出てきます。

まずは3776みななろのことを知りたいと思い、ウィキペディアを見てみると…

めっちゃ詳しく書いてある!

今現在の3776みななろ体制に至るまでの道のりや背景、石田彰プロデューサーの歴史を知ることができます。

他にはこんなインタビュー記事も。

▲地元富士宮のファンは少なくて、遠方から富士宮に駆けつけるファンが多いのか。

そしてMIX入れづらいww MIXをささやくオタクさんいるんだね。

▲ちよのチャンとあっきーらPとの掛け合いが面白いw

▲↑の記事では石田彰(あっきーら)プロデューサーのことがよく知れます。

音楽性とか、アイドルについてとか。

▲↑の記事では最後には掟ポルシェ氏のインタビューがあります。

たくさんインタビュー記事が出ていて、石田彰プロデューサーや井出ちよの氏の人間性を知ることができます。

これらの3776みななろの記事を読んでみると、2015年発売のアルバムCD3776を聴かない理由があるとすれば」をきっかけに注目を集めたことが分かります。

こうして記事を読んでいるとますます3776みななろが気になってきます。

おわりに

3776みななろ3776みななろ Extendedを紹介しました。

私は3776みななろ を知ることができてよかったです。

この記事を読んだあなたも機会があればぜひ3776みななろ3776みななろ Extendedを現場で観てみてください。

ちょっと雰囲気が違いますよ。

おっと、そんなこんなでこの記事も3776文字をとっくに過ぎております。

登頂完了ということで下山いたします。

ここまでお付き合いいただいたみなさまありがとうございました。

それでは 。

スポンサーリンク