高まる低まるビスマルク〜! の発祥とは ヲタ芸・コール・ミックスの歴史

アイドル
スポンサーリンク

アイドル現場では様々なコール・ミックス・ヲタ芸が披露されます。

斬新でリズミカルなコール & MIX、隣のお客さんにぶつかるんじゃないかと思うほどクネクネしたオタ芸。

時にはステージのアイドルより客席のヲタクの方が気になって、そっちばっかり見ちゃうことも多々あります。

“アイドルは文化”だと思いますが、正しくは”アイドルとヲタクは文化”かなと。

アイドルとヲタクはセットなんじゃないかなと感じています。

高まる低まるビスマルク

さて、そんなアイドル現場で聞かれるミックスにこんなものがあります。(正確にはミックスではなくヲタ芸とのこと)

高まる低まるビスマルク、シジマール、アルシンド、カズダンス、ニーハイ、オーハイ、缶チューハイ、ウーロンハイ、ナチュラルハイ、アイキャンフライ

僕はまねきケチャの動画で初めて耳にしました。

なんじゃこりゃと。

 Jリーグ世代の僕にはツボな固有名詞が入っているのです。(年齢層バレますね。勝手にJリーグと呼んでいます。Jリーグ選手名が続くので 冒頭の部分を取って”高まる低まるビスマルク”と読んでいます。)

元祖判明!生みの親はへなぎさん

面白いなあー、誰がこんなの作ってるんだろうと思っていたら、生みの親が判明しました。

煌めき☆アンフォレントが所属するTOY PLANETの代表、へなぎさんです。

このツイートより以前、176月 (たしか6月…正確な日付は忘れました)のツイキャスこのヲタ芸はおれが作ったんだぜって言っていたのを聞いてびっくり。

この人か!と。

正しくはヘなぎさん一人で作ったわけではなく、みんなで作ったそうですが、誰が率先して作ったか?と一人挙げるとしたら、へなぎさんなのでしょう。

僕はそのツイキャスで「どの現場で生まれたんですか?」と質問してみました。

すると、単体戦隊☆恋レンジャー単体戦隊☆恋レンジャーという曲だと教えてくれました。

そして、これはミックスではなく、ヲタ芸であることも教えてくれました。

ちゃんと振り付けがあるのだと。ただ言葉を発しているだけじゃなく、動きもあるからヲタ芸なんだと。深いですね。

そしてしっかり作られているんだなと思いました。

単におもしろおかしくやっているんじゃない、推しの現場を盛り上げるんだという気持ちが生んだのだと勝手に考察します。

最近ではまねきケチャや妄想キャリプレーションの現場で見ることができますが、ミックスではなく、ヲタ芸であることを理解しているヲタクは少ないのではないでしょうか。

そして単体戦隊☆恋レンジャーが発祥だと認識しているヲタクも少数でしょう。

こうして、元祖、発祥、生みの親がはっきり分かるのは珍しいことだと思います。

特にサブカルチャーの分野では。

かの有名なタイガーファイヤーのミックスも発祥はへヴィーメタルの現場だったりするんですね。

おわりに

こうしてアイドルとヲタクの歴史めいたものには興味があります。

自分が興味あるものの過去、歴史はどうだったのか。

その興味ある対象が今現在に至るまでの過程を知りたいと思うのは自然なことではないでしょうか。

まぁ豆知識的要素が強く、自己満足ですがww

さて、今回は「高まる低まるビスマルク(ヲタ芸)」の発祥について書いてみました。

これから夏ですね!フェス等、アイドル現場盛りだくさんの季節ですね!

いろんな現場でこのヲタ芸に出会えるでしょう。

みなさん全力で楽しみましょう! 

※間違った情報がありましたら訂正・削除等、対応させていただきますのでコメントお願いします。

キラフォレ・天晴れ!原宿の現場でも発動!!

2017年12月23日(土)名古屋で開催された『キラフォレルヤ!!名古屋公演』に参加してきました。

そこで、この「高まる低まるビスマルク」の発動が確認できました。

  • 煌めき☆アンフォレントの「=虹色=サンシャイン」
  • 天晴れ!原宿の「アッパレルヤ!!」

で発動が確認できました。
※曲名間違っていたらごめんなさい。

キラフォレの虹色サンシャインについては、これまでに何度もライブで聴いたことがありましたが、「高まる低まるビスマルク」は入っていませんでした。

久しぶりに現場に行ってみると、キラフォレのコールに「高まる低まるビスマルク」が入っていてびっくりしました。

キラフォレの運営が「高まる低まるビスマルク」を生み出したへなぎさんです。

アイドル界へ放たれた「高まる低まるビスマルク」が親の元へ帰ってきました。

感動的ですね。

「高まる低まるビスマルク」がいろんな現場で広まっているようです。

楽しい現場が増えるといいですね!

 

 

サイリウム・ペンライト

チェキ

スポンサーリンク
スポンサーリンク