『大阪☆春夏秋冬』ライブレポート 東名阪ツアー パーティーの始まり 2017

大阪☆春夏秋冬 ライブレポート 名古屋 アイドルとオタク

大阪☆春夏秋冬(しゅかしゅん)というアイドルグループの東名阪ツアー「パーティーの始まり」名古屋の2部公演に参加してきました。

会場は伏見JAMMINです。

大阪☆春夏秋冬を知ったきっかけ

2016年、夏の関ヶ原唄姫合戦で、初めて彼女たちを観ました。

初めて観た姿はステージ上ではなく、フライヤーを配ったり、次のステージ時刻をアナウンスしている姿。

衣装が印象的で、ネイビーがベースカラーで暖色系(赤?)がポイントで入っているワンピースでした。

「かわいい衣装着てるなぁ、他のアイドルとちょっと違うなぁ」っていう印象でした。

どんなステージをするんだろうかと興味が湧いていたことを記憶しています。

実際にステージを観てみると、その衣装から連想するイメージとは全く異なりました。

激しく、かっこいいステージでした。そして歌がうまい。メガネの子がかわいい。

一気にしゅかしゅんが頭の中にインプットされたのです。

その後、しゅかしゅんをもう一度ライブで観てみたいなぁと思いつつ、なかなか東海地方には来ることがなかったので、在宅としてフェス・イベントの生中継や動画を観ていました。

どこのフェスだったか忘れましたが、ボーカルのMAINA氏が曲の途中で、会場のヲタクに向かって、

「自分にとって最高のケチャを!!」

って言って煽ってる姿を観て、その言葉のチョイスが刺さった記憶が残っています。

あと、メガネかけてるANNA氏が自分のメガネをぶん投げるところもかなり強烈でした。

そしてメガネ無しの姿もかわいいのです。

そんなしゅかしゅんが名古屋に来るということで、行ってきました。

チケットはオタクから譲ってもらう

大阪☆春夏秋冬 ライブレポート

チケットは当日券で入るつもりでした。

ですが、当日券だとかなり後ろの入場で、出入り口のそばとかになっちゃうんじゃないか??と思って、ツイッターでチケットを求めてみました。

こうしたときの頼みの綱がツイッターなんです。

「チケット余ってます」という方を見つけることができて、その方とやり取りして無事チケットをゲットできました。

一般販売のチケットですが、当日券よりは良い整理番号であること間違いなし!

ツイッターやっててよかったw(シゲさんありがとう)

大阪☆春夏秋冬の特典券

ツイッターで前物販が告知されていました。

私の想像では会場は人でパンパンになると思っていたので、先に物販を済ませておいて、特典会の待ち時間を極力少なくしたいと考えました。

前物販では、1000円で特典券1枚がもらえます。

  1. 特典券1枚;全員握手
  2. 特典券2枚;ツーショット撮影(客の手持ちカメラ)
  3. 特典券3枚;グループ撮影(客の手持ちカメラ)

特典会の内容は上記です。

私はメガネアイドルANNA氏とツーショットを狙っていたので、特典券2枚が必要です。

物販で2,000円分のお買い物が必要で、タオル2,000円かラバーバンド1,000円×2つの購入を検討していました。

ところが、タオル、ラバーバンドは売り切れで、困った私は3,000円のTシャツを買いました。

TシャツもサイズはS,M,Lが売り切れで、XL,XXLしか残っていませんでした。

結局、特典券を3枚入手したので、全員握手とツーショットで3枚使うことにしました。

大阪☆春夏秋冬 特典券

入場と客席の様子

入場して意外だったのが、そんなに会場が埋まってなかったことです。

満員じゃなかったんです。

会場は伏見JAMMINです。アイドルイベントで過去に来たことがあったのですが、そんなに大きい箱ではないので、しゅかしゅんなら埋まるだろうと思いこんでいました。

ところが後ろの方は結構スペースが残っていて、カバンも十分置けそうでした。

パンパンになると思い込んでいたので、駅のロッカーにカバンを預けていました。

結果、余計な心配でしたね。

演劇?これは新しいカタチ?!

2部公演の始まりは、演劇とバラード曲を織り交ぜた「しゅかしゅんストーリー」で幕を開けました。

場所が愛知ということで「愛を知る」というテーマでメンバーが演技し、間でバラード曲を披露するショーのような形式でした。

私はしゅかしゅんの単独ライブは初見なので、「え、しゅかしゅんっていつもこうなの?」ってびっくりしていましたが、いつもこうではなく、名古屋2部が特別で初めての試みということでした。

完成度は高く、演技も素晴らしかったです。

とても初めてとは思いませんでした。

トークで言っていましたが、めちゃくちゃ練習したそうです。

成功した安堵感からか、泣いているメンバーが数名いました。RUNAちゃんは号泣してましたね。

私はてっきり、他のライブ現場同様SEが流れて1曲目は何が来るんやーって思ってワクワクしていたので、演技が始まったときは「え?これしゅかしゅんやんな?おれ間違ってないよな。」って思ってしまいましたww

会場のファンの方も似たような気持ちの方はいたのではないでしょうか。

今回のしゅかしゅんストーリーについては、ツイッターを見ていてもいろんな意見が出てますね。

私は全然ありだと思います。

MAINA氏の歌唱力とあの声があるからこそ成立することだと思います。

つまり他のアイドルには真似できないんじゃないかと。

また、新しいことに挑戦するのはかっこいいし、演技・芝居ができれば活動の幅も広がるし。

よくアイドルは通過点なんて言いますが、アイドルの間にいろんな経験ができると後の活動に選択肢がたくさん増えていいんじゃないかなと感じます。

運営・事務所の人材育成という観点でも有りかなと。ただ、ファンの皆さんの意見は受け入れなければいけないと思いますが。

ファンが納得する形でどんどんしゅかしゅんストーリーをやっていってほしいです。

もうSEから始まるライブは古いか!?アイドルライブの新しい形を見ました。

このしゅかしゅんストーリーの間、ファン(ヲタク)たちは静かに見届けていて、ガヤ入れたり、笑ったりってのがほとんど無かったです。

(1回だけ笑いが起こったけどwwあれは仕方ないw)

こんなアイドル現場、他に無いだろうと思います。

ピンチケはいないし、現場が平和。素晴らしいオタクが付いてますね。

現場の雰囲気について感じたことは後述したいと思います。

大阪☆春夏秋冬 ライブレポート

大阪☆春夏秋冬 セットリスト

  1. Last Day
  2. もしも逢えたなら
  3. ロミオ
  4. SHINE
  5. レインボーカラー
  6. New Me Remix
  7. New Me
  8. What you gonna do
  9. C’mon!
  10. BABY CRAZY
  11. Let you fly
  12. アンコール プラズマー

後半は私がイメージしていたしゅかしゅんそのものでした。

立て続けに盛り上がって、楽しかったです。

両隣のヲタクと肩組んでオーエーオーみたいな動きもできたしww

会場のヲタク達が一体になって揺れてたなぁ。こういうの好き。

思う存分、しゅかしゅんを楽しめました。来てよかったし、また来たい。

大阪☆春夏秋冬 ライブ現場で感じた3つのこと

大阪☆春夏秋冬のライブ現場で感じたこと3つを紹介します。

MAINAの声は心に響く

生で聴いて改めて思いました。歌うまいし、良い声だわぁって。

歌じゃなくてもアナウンスとかナレーターとか、そういう声の仕事もできるんじゃないかな。

現場が平和 年齢層高めのオタク

これまた勝手な思い込みですが、しゅかしゅんの現場は荒れてそうなイメージを持っていました。

曲がぶち上がる曲多いし、メンバーの煽りもすごいから。

そして何より私の関西に対する偏見で、すごい人いっぱい来そうって思ってました。

(ほら、阪神ファンのおっちゃんみたいな……)

ところが、そんな心配不要でした。

ヲタクたちの年齢層は高めでピンチケっぽいヲタクはいませんでした。

リフトも無いし、MIXも無い。

タイガーファイヤーのミックスも無かった?1回だけあったか?っていうくらいでした。

メンバーの煽りはすごくて、かなり近いところまで来てオイオイ言ってくれます。

会場の盛り上がりはスゴイですが、荒れません。

アイドルライブという位置づけで考えると荒れないのが不思議なくらいです。

MIXが入らないのは、そういう曲だからなのでしょう。

それと荒れないのは、メインボーカルが1人で歌割りが無いし、パフォーマンスのレベルが高く、ヲタクが「支えてやる」というような雰囲気にならないからでしょう。

大阪☆春夏秋冬は全体的にみんな強そうですから。

と勝手に考察してみました。

しゅかしゅんの現場は、良い意味で想像と違いました。

大阪に対するイメージも変わりました。もっとヤンチャかと思ってたww

生誕祭のカンパを募っている生誕委員のヲタクたちが居ましたが、その方々もかなり礼儀正しい人たちでした。

気持ちいいぐらい丁寧な言葉使いだった。

大阪☆春夏秋冬 ライブレポート

あー、大阪行きたくなってきた。

商売に対してアグレッシブ

大阪の商人魂が若い女のコにも根付いているのでしょうか。

MCの中でグッズ紹介のコーナーがあり、EON氏が1人で宣伝してました。

物販でグッズを完売させようという思いが伝わってきました。

グッズのネクタイが売れないからメンバーの衣装に取り入れるなど、商売上手だなと感じましたww

トークは面白くてさすが関西というところが見れました。

他のアイドルさんここまでしゃべれないと思うよ。

ちなみにしゅかしゅんファンのことを「aKind(あきんど)」というそうですww

運営スタッフも特典会待ちの間、グッズ完売させようと宣伝してましたし、ツイッターでライブの感想を呟いてくれなど、SNSの宣伝もしてました。

運営スタッフのしゃべりもうまかった。これが大阪か。

大阪☆春夏秋冬の特典会

特典会は全員握手とツーショット写メに参加しました。

全員握手では、MAINA氏との会話が印象的でした。

握手している僅かな時間に、「次いつくるん?」と質問してくるあたりに、違いを感じました。

握手会でヲタクに向けて積極的に質問してくるアイドルには違いを感じます。

GEMの南口奈々ちゃんもそーだったな。関西やなぁ。

ツーショットはANNA氏と。

数少ないメガネアイドルです。

本当に視力が悪いのか、本当は視力が良いのか分かりませんが、メガネしているアイドルに親近感を覚えます。

自分も普段メガネしているせいかな。

ANNA氏はメガネ外しても可愛いです。ほんと明るくて笑顔が可愛かった。

おわりに

“ライブに行きたいアイドル“にノミネートされていた大阪☆春夏秋冬のライブに行けて大満足でした。

またライブに行って、ブチ上がりたいです。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています