リンツ リンドール コストコと直営店の違い 値段を比較 福袋も

リンツ
スポンサーリンク

こちらの記事「リンツ リンドール 口どけチョコレート やみつきになる理由を熱く語る」でリンツのリンドールについて熱く語りました。

この中で少し触れましたが、リンツのリンドールはコストコとリンツ直営店「リンツ ショコラ カフェ」では販売価格に差があります。

もちろん、 コストコの場合、大容量で安いことをウリにしていますから、安くないと納得できませんが。

年会費も取られてるしね。

ということで、コストコのリンドールと直営店のリンドールはどれくらい価格が違うか比較してみます。

あわせて、2018年の福袋の価格についても比較してみます。

こちらはリンドール以外のチョコレートも含まれるので、参考程度です。

結果だけサクッと見たい方は3 コストコ VS 直営店 価格比較一覧に飛んでいただければ、一覧表でまとめております。

 

直営店の価格

直営店として以下2つを比較対象とします。

  • 土岐プレミアムアウトレットに入っている、
    「リンツ ショコラ カフェ 土岐プレミアムアウトレット店」
    に訪れたときの価格
  • オンラインショップでの価格

リンツ ショコラ カフェの価格

直営店でのリンドールの販売方法は「Pick&Mixという販売方法が主体です。

Pick & Mix

Pick & Mix

これは、透明な袋に自分が購入したい分だけリンドールを詰めて、重さを量り、重さに応じて金額が決まる形式です。

量り売りってやつだな。

それ!それが言いたかった!
量り売り

量り売り

通常、100g781とのことです。

土岐店の場合、写真にあるよう値段は100g 通常781円からの5%オフ742です。

100gでだいたい8-9個とあります。

「お求めは100gから」と記載があるので、100g未満の場合は断られちゃうのかな最低でも8〜9個は選ばないと買えないのかな…。

購入する重量によって割引があるのはアウトレット店ならではでしょうか。

まとめると、

通常価格の場合

  • 100g 781 ⇒ 1gあたり7.81円です。
  • 100gで8.5個とすると、1個当たり91.88円です。

土岐店の場合(アウトレット店の場合)

  • 100g 742 ⇒ 1gあたり7.42円です。
  • 同様に100gで8.5個と仮定すると1個あたり87.29円です。
リンドール1個当たりの価格について、100gで約8〜9個と記載してあるので、間をとって100g=8.5個として計算しました。

オンラインショップの価格

続いてオンラインショップの価格を見てみます。

例えばこの商品、リンドールミルク10個入り 130gで993円です。

1種類のフレーバーしか入っていませんが、定番商品かと思うのでこの商品で比較したいと思います。

  • 130g 993 ⇒ 1gあたり7.64円です。
  • 10個入りなので1個あたり、99.30円。

オンラインショップとリンツショコラカフェでも差が出ますね。

リンツショコラカフェの方が安いですね。

 

 

ちなみに…福袋の場合1gあたりいくら?

リンツは新年初売りで福袋を販売しています。

福袋の中身は様々な商品が入っていて、リンドールだけではないですが、グラム当たりいくらなのか?と気になったので比較してみます。

対象は2018年1月1日購入の福袋で5,000円の福袋と3,000円の福袋です。

5,000円の福袋には以下の商品が入っています。

5,000円の福袋

5,000円の福袋

  • リンドールアソートコルネ 200g
  • ナポリタン・アソートキャリーボックス 250g
  • リンドール・ミルクスティック 38g
  • HELLO キャラメルブラウニー スティック 39g
  • HELLO ストロベリーチーズケーキ タブレット 100g
  • エクセレンス・ホワイトバニラ 100g
  • エクセレンス・ストロベリーダーク 100g
  • エクセレンス・70%カカオ 100g
  • グランデ・ミルクアーモンド 150g
  • チョコレートスプレッド 210

合計1,287gです。

金額は5,000円ですから、1g当たり3.89円です。

 

3,000円の福袋は以下の商品が入っています。

3,000円の福袋

3,000円の福袋

  • リンドールアソートコルネ 200g
  • ミニプラリネ 100g
  • エクセレンス・70%カカオ 100g
  • エクセレンス・オレンジアーモンド 100g
  • HELLO クランチ ヌガータブレット100g
  • リンドール・ミルクスティック 38g

合計で638gです。

金額は3,000円ですから、1g当たり4.70円です。

 

 

 

コストコの価格

コストコでは600g1,578円で購入しました。

コストコのリンドール

コストコのリンドール

味(フレーバー)は5種類の詰め合わせ(アソート)です。

5種類のリンドールはミルク、ダーク(青)、エキストラダーク(黒)、キャラメル、ホワイトです。

コストコのリンドール 5種類の味

コストコのリンドール 5種類の味

コストコのリンドール 5種類の味

コストコのリンドール 5種類の味

100gあたり263円となります。

1gあたりでは2.63円です。

50個入りなので1個あたりは31.56円です。

こ、これは..

前述の直営店と比較すると激安!

コストコのコスパすげぇ!!

 

 

コストコ VS 直営店 価格比較一覧

表にしてみます。

1gあたり 1個あたり
直営店(通常) 7.81円 91.88円
直営店(アウトレット) 7.42円 87.29円
オンラインショップ 7.64円 99.30円
コストコ 2.63 31.56
[参考] 直営店 福袋5,000円 3.89円
[参考] 直営店 福袋3,000円 4.70円

※直営店の1個あたりの価格については100gで8.5個と仮定しています。

コストコと直営店でこんなに違うとは。恐ろしい。約3倍の差!!

そして福袋はお得感がある!!

コストコ VS 直営店 味も違う

この記事「リンツ リンドール 口どけチョコレート やみつきになる理由を熱く語る」にも書きましたが、コストコと直営店では品質が違います

コストコはアメリカ製直営店はスイス製

スイス製のほうは温度管理など品質管理が厳しいようです

味にももちろん差が出ます。口どけの感覚も異なります。

スイス製のほうが美味しいです。

これが価格にも現れているのでしょう。

どちらも食べますが、コストコの(アメリカ製の)リンドールも美味しいですよ。

コストコのリンドール 原産国の表示はアメリカ

コストコのリンドール 原産国の表示はアメリカ

これだけ安いのであれば口どけや味の違いも許容できます。

コスパってやつですね。

おわりに

コストコと直営店のリンドールの価格の違いを比較してみました。

正直、こんなに差があるとは思いませんでした。

1個当たりでいうと直営店の値段はコストコの3倍。

裏を返せばコストコは直営店の1/3の値段です。

日常的にはコストコで買ったリンドールを食べて、たまに直営店のリンドールを味わうのが経済的かと感じます。

バレンタイン・ホワイトデーにおすすめ

リンツのチョコレートはバレンタインやホワイトデーにおすすめです。

その他、ちょっとした手土産なんかにも。

おいしいのできっと喜ばれるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク