初売り福袋攻略法まとめ JR名古屋高島屋

以下の記事で2016年と2017年の初売りをレポートしました。

2つの記事の中でJR名古屋高島屋の初売り福袋について記載しています。

記事にはしていませんが、2015年の初売りでもJR名古屋高島屋で福袋争奪戦に参戦しています。

そこで、これまでの経験をもとに、自己流での名古屋高島屋の福袋攻略法をまとめたいと思います。

あくまで、自己流です。 もっといい方法があるかもしれませんのでその点、ご注意ください。なお、対象は各ショップの福袋です。高島屋が独自で開催・販売する福袋ではありません。



作戦1 欲しい福袋に優先順位をつける

まず、自分が買いたいお目当てのショップ・ブランドを洗い出しましょう。

その中で絶対に欲しいもの、買えたらいいな、っていうものに層別しましょう。

で、できれば順位付けまでしてください。

これである程度、どうやってショップを回るかが見えてきます。

ただし、ショップによっては開店後、即完売という人気福袋があります。

これも考慮すると、売り切れる前にゲットするために優先順位を入れ替えなければならない必要性が出てきます。

以下、これまでに僕が参加した初売りで肌で感じた、ショップ・ブランドの福袋人気状況です。

超人気、即完売(開店直後にショップへ行かないと売り切れる)

  • ロクシタン
  • サボン
  • ジェラートピケ
  • スナイデル
  • カバーマーク
  • デザインワークス(メンズ)
  • R.NEWBOLD(メンズ)

余裕あり(開店直後で無くてもゲット可能か)

  • グレースコンチネンタル
  • ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベル
  • ルシェルブルー
  • ジョンマスターオーガニック
  • アンテプリマ
  • ハッカキッズ
  • タオル ウンガロ

余裕ありと書いていますが、数に限りのある福袋です。

午前中には売り切れる可能性が十分にあります

あくまで、開店直後1番に訪れなくても購入できるという意味合いで余裕ありと書いています。

ロクシタンやサボンは毎年人気で、整理券が配布されます。

その整理券をゲットするために並ぶ必要があります。

同じコスメエリアにジョンマスターオーガニックもあります。

ジョンマスターオーガニックはロクシタンやサボンほどの激戦ではないですが、早めに行かないと売り切れてしまうかなというレベル。

コスメ系だと他にカバーマークも毎年売り切れ状態です。

ここも購入するには開店直後を狙うのがよいかと思います。

アパレルだとジェラートピケやスナイデルが人気です。

毎年10階の催事場で特設会場が設置され、そこで販売されます。

この2つも即完売の人気振りです。購入するなら開店直後に行くべし。

リリーブラウンやロペも同じ10階の催事場で販売されます。

これらのブランドは高島屋内のレディースフロアにあるショップに行っても福袋は売っていないので注意です。

ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベルや、グレースコンチネンタル、ルシェルブルーなどのレディースプランドは即完売ということはなく、急ぐ必要は無いと感じました。

それと、セオリーは毎年福袋をやっていません

初売りのセール開始も12日スタートではなく、遅れてスタートします。

セオリーの福袋を買うなら、アウトレットモールです。

ジャズドリーム長島のセオリーでは販売されていました。

メンズでは、即完売となるような激戦ブランドはR.NEWBOLDですかね。

メンズ福袋では激戦の定番にポールスミスがありますが、僕が訪れた2016年, 2017年はポールスミスは福袋をやっていませんでした

ポールスミスが福袋を販売していれば、間違いなく開店直後、完売と思います。

その他、メンズブランドは激戦となるようなブランドは少ないです。

ただし、サイズ欠けは出てくると思います。

ちなみに、R.NEWBOLDはブランド終了・閉店となっています。

来年の福袋はどうなるでしょうか。

これらブランドやショップの人気状況を考慮して、優先順位を付け直しましょう。

作戦2 行動ルートを決めておく

お目当てのショップやブランドの優先順位が決まったら、次はどのようなルートで高島屋内をまわるか、行動パターンを決めておきます。

優先順位に従って、まず初めに向かうのは何階のどこのショップか、次はどこかという行動順序を決めるのです。

高島屋ホームページにあるフロアマップを見てショップの位置エスカレーターの位エレベーターの位置通路などを確認しておきます。

エレベーターは開店直後は使えなかったはずです。

降りる方向だけは使えたかもしれません。ちょっと記憶があいまいです。

ごめんなさい。

フロアマップを見ながらイメージトレーニングしましょう。

高島屋へ行ったことがある人は具体的にイメージしやすいかと思います。

行ったことが無い人は想像でかんばりましょう。

ただ、当日はいろんなショップに目移りして、こっちも見たいなとか寄り道することがあったり、事前情報(ホームページ等に出ていないショップが福袋を販売していて、そっちに行ってしまう可能性があります。

そのときは臨機応変に作戦を変更しましょう。

作戦3 何時にどこに並ぶか

2016年と2017年の記事にも書きましたが、整理します。

到着時刻は7時15分ごろで、だいたいこの位置に並んでいます。

7:15着でこのあたりに並ぶことができる

高島屋は並び位置が3箇所あります。下図の2箇所と地下の1箇所です。

地下は食品の初売りへ行くための入り口です。

僕は食品の入り口へ並んだことがないのでここでは触れません。

入り口への並び箇所は3つ

僕が並ぶのは図の中央ブロックの入り口です。こちら側はエレベーターが2レーンあります。

対して、南ブロック入口側の方はエスカレーターが1レーンです。

上の階に行くのに、エスカレーターが2レーンあったほうが人が分散するので動きやすいです。

いち早く上の階へ進むために、中央ブロック入口側に並ぶようにしています。

中央ブロック側はエスカレーターが2レーンある

中央ブロック側はエスカレーターが2レーンある

南ブロック入口側には並んだことがないので、実際どちらが早く上の階へ進めるのかはわかりません

あくまで予想です。

ただし、コスメ系の福袋を狙っているなら、南ブロック入口側でもいいかと思います。

コスメ系のショップは3階にあって、たくさん上の階へ進む必要が無いからです。

しかもエスカレーターのそばで整理券を配っていました。

ですから南側の方がロクシタンやサボンにはいち早く到着できるかも。

人気コスメショップには南側エスカレーターが近い

人気コスメショップには南側エスカレーターが近い

中央ブロックに並んだとしてもロクシタンやサボンの福袋(整理券)がゲットできないわけではありません。

実際2015年には下の図のルートでロクシタンとサボンの整理券をゲットしています。

中央ブロック入り口側のエスカレーターからでもロクシタン・サボンの整理券はゲットできる

中央ブロック入り口側のエスカレーターからでもロクシタン・サボンの整理券はゲットできる

僕個人としては並び位置は中央ブロックがベストかなと思います。

並ぶ時間は早ければ早い方が前に並べますから良いのですが、その分待ち時間も増えます。

寒さもありますから結構キツイです。

過去の経験からすると7時15分くらいに並んで、オープン後、1番初めにに1番欲しいショップへ行けば福袋は手に入りそうです。

なお、高島屋では並んでいる途中でホッカイロが配られます

指先が冷たいときなど助かります。高島屋さんありがとう。

作戦3-1 トイレ問題(一人のとき)

並んでいる途中、トイレに行きたくなったら、どうしましょう。

前もって出発前や駅到着時にお手洗いを済ませておく必要がありますが、それでも寒さや体調によって催してくることがあります

おなかが痛くなったら最悪です。

ましてや1人で並んでいると、トイレへ行ってしまったら、戻ってきたときに最後尾に並ばなきゃいけないのかと。

そんなのイヤだ!! ということで、トイレに行きたくなったら周りの並んでいる人に声をかけて、並び位置を確保しましょう。

もちろん、話しかけるのは恥ずかしいです。

でもそうするのがベストかと。勇気を出すしかありません。

もしくは並び位置を諦めるかです。2人以上で並べれば問題ないですが。

作戦3-2 モバイルバッテリーでスマホを充電

並んでいる途中は、スマホで他店の初売り行列情報を仕入れます。

名古屋地区で言えば栄のパルコやラシック、三越、松坂屋など。

みんな寒さに耐えてるなーとか。東京ではこんなに並んでいるのか〜とか。雪降ってる中並んでるのかーとか。

そう、暇つぶしです。

もしくはフロアマップをみながら入店後の動きを予習しておきましょう。

そんなことをしていると、並んでオープンを待っている間にスマホの充電が切れてしまう恐れもあります。

モバイルバッテリーを持って行き、予備電源を確保しましょう。

作戦4 スマホでマップを開け! 店員さんに聞け!

オープン後、入店したら急がずに急ぎます。←どゆことw

走ると危ないので早足くらいで歩きましょう。

気持ちはとても急ぎたいのですが、そこは常識の範囲内で、ご安全に。

スマホでフロアマップを開いておき、ショップの位置を確認しならが進みましょう。

道に迷ったり、福袋が置いてある場所がわからないときは、迷わず近くの店員さんに聞きましょう

サイズや中身の確認をしたいときも聞いてみましょう。

袋の隙間からなら中を見てもいいですよ。なんてこともあります。

色くらいは見えたりします。中身の種類(ジャケットとコートとパンツと…)も教えてくれることがあります。

作戦5 会計の時間を考慮すべし!!

混み合うショップだと会計に割りと時間がかかります

特に10階の特設会場は会計に並びます。

対応する店員もアルバイトの場合があって手際が悪いこともあります。

カード払いにしても割と時間がかかります。

この会計待ち時間は当日のスケジュールに織り込んでおきましょう。

個人的に会計での待ちは完全に無駄な時間だと思っています。 (初売りや福袋に限らず)

なんかいいシステム出てこないかな…(そこで仮想通貨か??今後のフィンテックに期待!)

作戦6 宅配便を使え!

上記の作戦でお買い物を終えたら、複数の福袋をゲットしていることでしょう。

両手に購入品を抱えていると思います。これを持ち帰るのは大変です。

この後ランチ食べたいし、他も見て回りたいし。

車なら一旦車に預けることが可能ですが、電車だと無理ですね。

ということで、高島屋から宅配便で自宅まで送りましょう。

購入したものは全部まとめて発送を受け付けてくれます。

送料はかかりますが、手ぶらになれるので便利です。

作戦6 ランチは混むぞ!! 場所を変えろ!!

高島屋の12F-13Fはレストランですが、初売り時は激混みです。

ここで食べるには並んで待つ覚悟が必要です。

しかも座って待つスペースが無い場合は、立って待つことになります。

朝早くから活動している身としては、腹ペコで倒れそうです。

早く口に何かを入れたい。空腹を満たしたいという思いでいっぱいです。

そんなときは高島屋から離れましょう。

僕は名鉄百貨店のレストランへ行くことをおすすめします。

名鉄百貨店 銀座アスター

比較的空いていて、待つとしても、座って待つことができるのではないでしょうか。

ランチを食べながら、当日の福袋購入を振り返ってみるといいです。

僕は、「こうすればよかった!」とか、「あのブランド人気だったなあ。」「来年はこうしよう」「来年はあれが欲しいなあ」

なんて振り返っています。

おわりに

JR名古屋高島屋での福袋攻略法をまとめてみました。

僕が知らないコツ・攻略法がもっとあると思いますが、初めて福袋の購入争奪戦に参加される方の参考になればと思います。

福袋は一年に一度のお祭りだと思っています。

お祭りだからと言って、無計画にドンドン購入すると、支払がパンクしてしまうので注意です。

僕は初売りで買い物するとき、クレジットカードで支払いするのですが、その引き落としが2月になります。

なので、2月まで気が抜けません。

2月に一気に支払いが集中するので。

金額にびっくりします…

計画的に買わなきゃなぁー、、

お買い物に便利なクレジットカード

UCSカード アピタ・ユニーでのお買い物に。

アメックス

コメント

  1. […] 5;はあまりの競争率に、手に入れるための攻略ブログが書かれるほど。 […]