抱っこ紐 収納カバー 腰につけたまま収納で便利!

子育て

0歳児の子供と出かける際、抱っこ紐を使う機会が多いです。使用している抱っこ紐はベビービョルンのWe Air です。

参考記事はこちら。

抱っこ紐はベビービョルン エルゴ以外の選択肢 スタイリッシュ & スマート

抱っこ紐は使うときは自分の体に装着し、使わないときは自分の体から外して(脱いで)、かばんに入れて持ち運びしていました。ただ、装着したり、脱いだりが面倒くさいので、短時間使用しない場合は、体に着けたまま過ごしていることがありました。

そんな使用状況の中、抱っこ紐カバーに出会いました。

抱っこ紐カバー

僕は抱っこ紐カバーという存在を知りませんでした。妻は抱っこ紐カバーを知っており、親戚にハンドメイドで 作ってもらうよう、依頼していました。

僕は「抱っこ紐カバー=抱っこ紐用の新しい手提げ袋」かなと思っていました。そんな状況で見た抱っこ紐カバーに僕は驚きました

腰につけたまま収納できる

抱っこ紐 カバー 腰に装着

なんと、腰に抱っこ紐を巻いたまま、腰より上の部分を抱っこ紐カバーに収納できるのです。

え、超便利じゃん!と声が出ました。こういうモノが世の中にあったのかと。検索してみると商品として存在しており、1000円〜2000円程度で売られていました。

抱っこ紐 カバー 腰に装着 横から見たカンジ

腰に巻いて収納できるので、腰につけておけば、カバーから出していつでも抱っこ紐として使用できます。逆に抱っこ紐を使わないときはカバーに収納して腰に巻いておき、いざとなったらすぐ使える状態にできます。

しかも、収納した状態だと、肩にかける部分や長さ調節ベルトなどがじゃらじゃらせずコンパクトになるので、かばんにしまうときや取り出すときなど、何かにひっかかったりすることなく、扱いが簡単になります。

抱っこ紐 カバー 腰に装着

こんなに便利なものを手作りしてくれた親戚に感謝です。柄もかわいい。これリバーシブルなんだぜ裏面も使えるからお得です。

おわりに

出かけた際、周りで抱っこ紐を使用している方を見てみるとわりと抱っこ紐カバーを使用している人が結構いました。僕が気付いていないだけで皆さん当たり前に使っていたんですね。

特にエルゴの抱っこ紐使用者に多い印象でした。(そもそも抱っこ紐自体、エルゴを使用している人が多いからかもしれませんが

抱っこ紐カバーは持ってないよって人は一度使ってみることをおすすめします。便利ですよ。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク