LINEモバイルを2年使って分かったデメリットとメリット

LINEモバイルを2年使って分かったデメリットとメリット 格安SIMのおすすめ

格安SIMのLINEモバイル(ドコモ回線)を2年使いました。

スマホでは、電話よりゲームよりネットより、何よりもSNSをよく利用します。

特にツイッターとインスタとTikTokをヘビーユーズしています。

そんなSNSヘビーユーザーの私が、LINEモバイルのドコモ回線を2年間使って分かった「メリットとデメリット」を本記事でお届けします。

LINEモバイルってどう?と思っている方に届けばと思います。

LINEモバイル(ドコモ回線)のデメリット

デメリットは通信速度が遅いことです。

LINEモバイルの唯一にして最大のデメリットです。

速度が遅い

通信速度がめちゃくちゃ遅いです。

LINEモバイルのドコモ回線の速度はこんなカンジです↓

↑の計測データだと、お昼だけ遅いように見えますが、私が使用していたときは、朝、昼、夕方、ずーーっと遅かったです。

自宅ならWi-Fiに繋ぐので問題ないですが、外に出た途端、不便です。

ちなみにau回線はもっと遅いです。

▲au回線の通信速度はヒドイ…

ツイッターの画像と動画の表示が遅い

ツイッターを見ていると文字(テキスト)はすぐ表示されるんですが、画像は全然表示されません

もちろん動画も。

バズっているツイートがTLに流れてきても画像や動画が表示されないので何がバズなのか分かりません。

表示が遅い分、どんな画像なのかめっちゃ気になるんですが、待てど暮らせど表示されません。

イライラとストレスでスマホ画面のタップ回数が増えます。

これじゃ休み時間にリフレッシュできませんよ。

自分が投稿しようとしても、画像付きだと投稿できないこともあります。

インスタの投稿とストーリーの表示が遅い

インスタも写真・動画・ストーリーの表示が遅いです。

アプリを開く気にもなれません。

自分が投稿しようとしても投稿に失敗することがあります。

すべて通信速度が遅いせいです。

LINEモバイルのメリット

LINEモバイルにもメリットはあります。

LINEモバイルのメリット
  • LINEミュージックを安く使える
  • LINE ID検索が使える

この2つです。

LINEミュージックが安い

LINEモバイルユーザーなら750円でLINEミュージックが使えます。

通常980円くらいなので、LINEモバイルならではのメリットですね。

LINE MUSICオプションというサービスです。

実際、私も利用していました。

デメリットで通信速度が遅いとさんざん述べてきましたが、そんな遅い環境でもLINEミュージックは再生できましたよ。

LINE ID検索が使える

LINEのID検索ができることもLINEモバイルならではのメリットです。

私は使ったことないですが。(そもそもID検索って何?っていうレベル)

必要な人にとってはうれしい機能なんじゃないでしょうか。

データフリー(カウントフリー)はメリットではない

LINE モバイルは、ツイッター、インスタグラム、フェイスブックを使用してもギガ容量が減らないデータフリー(カウントフリー)です。

SNS使い放題で通信量がカウントされないなんてLINEモバイルすげー!

と思ったのは昔の話。

今や同じようなサービスを展開する格安SIM会社が存在しています。

私が乗り換えたUQモバイル節約モードなら、SNSも音楽配信もネット検索だって、データ容量が減らずに使えます。

LINEモバイルからUQモバイルに乗り換えたたった1つのワケ

LINEモバイルからUQモバイルに乗り換えたたった1つのワケ

したがって、データフリー(カウントフリー)はもはやメリットと言えないのです。

おわりに

まとめると、LINEモバイルのメリット・デメリットは以下になります。

メリット
デメリット
  • LINE MUSICが安い
  • LINE ID検索が使える
  • 通信速度が遅い
  • Twitterの画像表示が遅い
  • インスタの表示が遅い

SNSヘビーユーザーがLINEモバイルを2年使って分かったデメリットとメリットをお届けしました。

格安SIM選びの参考になればと思います。

【どっちがいい?】YモバイルよりUQモバイルをオススメする2つの理由

【どっちがいい?】YモバイルよりUQモバイルをオススメする2つの理由

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています