マネーフォワードとZaimで迷っているあなたへ 家計簿アプリの違いを比較

アプリ

レシートをスマホカメラで読み込んで、自動的に家計簿をつけてくれるアプリが便利です。

中でも、「マネーフォワード」と「Zaim」は口コミや評価が良く、有名です。

この2つのアプリについて、どちらを使おうかお悩みのあなたに、「Zaim」と「マネーフォワード」の比較をお届けします。

実際に両方のアプリを使って感じた、メリット・デメリットをご紹介します。 

  • どっちのアプリが使いやすいの?
  • 違いは何?
  • レシート撮影の精度は?

と疑問をお持ちの方に参考になればと思います。

家計簿マネーフォワード ME
家計簿マネーフォワード ME
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ
家計簿Zaim
家計簿Zaim
開発元:Zaim Inc.
無料
posted withアプリーチ

マネーフォワードとZaim│機能の比較一覧

両者共通の基本的な機能として

共通の機能
  • レシートのカメラ読み取り
  • 銀行口座自動連携
  • クレジットカード自動連携
  • 費用科目分類
  • CSVデータ出力

などがあります。これらを比較すると…

 Zaimマネーフォワード
レシート読み取り
口座連携
カード連携
費用科目分類
 ユーザーインタフェース×
CSVデータ出力×
(有料会員のみ)

◯の数で言うと、マネーフォワードの勝ちですね。

家計簿マネーフォワード ME
家計簿マネーフォワード ME
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

以下、それぞれの機能について詳細です。

レシートの読み込み

マネーフォワードの方が精度が高いと感じています。

Zaimと比べて読み取り結果のミスが少ないです。

Zaimは以下の箇所で精度の悪さが目立ちます。

  • 商品名の誤字・脱字
  • お店の認識が弱い

初期のころからは改良されていますが、マネーフォワードの方が精度が良いです。

ただ、マネーフォワードもZaimも残念な点は、ドラッグストアで食料品を買った場合、品目が食料品にならないことです。

Zaim ドラッグストアで食料品を買っても薬代になる マネーフォワード ドラッグストアで食料品を買っても品目が食料品にならない

私は食料品を買うのに「ドラッグストア コスモス」をよく利用するので、毎回品目を食料品に変更しています。

「ドラッグストア コスモス」は、食料品が激安です。例えばシャウエッセン。以下の記事で激安っぷりをご確認ください。

コストコ シャウエッセン

コストコのシャウエッセンが圧倒的に安い!激安スーパーと値段を比較して検証

カメラのシャッター音

レシートの撮影時、マネーフォワードはカメラのシャッター音が鳴ります。

Zaimカメラの音は鳴りません。

個人的にはシャッター音が鳴らない方が便利なのでこの点ではZaim方が好みです。

口座・カード連携

両アプリとも銀行口座やクレジットカードを連携して履歴を取得することが可能ですが、その連携スピード(レスポンスの速さ)に違いを感じます。

  • 銀行口座の入出金情報の連携は、Zaimの方が速く
  • クレジットカードの情報連携はマネーフォワードの方が速い

という印象です。

また、連携可能な金融機関(銀行・証券・クレジットカード・電子マネー・ポイント・通販など)にも違いがあります。

対応する金融機関の数はマネーフォワードの方が多いです。

ご自身が利用するクレジットカードや銀行口座が対応しているか確認してみてください。

支出や入金は、手で入力するより自動連携でを取得できた方が、楽チンです!

 費用科目の分類

こちらはどちらも同じ操作方法で、使いやすさに優劣はありません。

マネーフォワードの費用科目を選択する画面

マネーフォワード

Zaimの費用科目を選択する画面

Zaim

使いやすさ│ユーザーインターフェース

スマホアプリとしての見やすさ、入力のしやすさ、デザイン面でマネーフォワードの方が使いやすいです。

文字・入力欄・アイコンが大きくてパッと見て分かりやすい画面です。

逆に、Zaimは文字が小さかったり、アイコンが小さかったりで、細かくて分かりにくい印象です。

CSVデータ出力

こちらはZaimの勝ち。

無料会員でもCSVデータ出力が可能です。(ただし、出力データに一部制限があります。)

マネーフォワードの場合は有料会員でないと出力できません。

以下の記事でCSV出力方法を詳しく紹介しています。

マネーフォワードとZaimでCSVデータを出力(エクスポート)する方法

アプリに入力したデータを出力することなんてある?

と思っていたのですが、実際にあったのです。出力したいと思うことが…

いざというときに対応しているかどうかは大事です。 

マネーフォワードを使うならプレミアム会員

マネーフォワードをちゃんと使うなら、プレミアム会員(有料会員)にならないと使い物になりません。

なぜなら、無料会員で使える機能が限定されているからです。

プレミアムサービス機能比較表|マネーフォワード ME

Zaimの場合はこんなカンジ

プレミアムサービスのご紹介 : 使いかた|家計簿 Zaim

主な部分だけ比較してみます。

 マネーフォワードZaim
無料会員プレミアム会員無料会員プレミアム会員
データ閲覧
可能期間
1年分制限なし制限なし※1制限なし
金融機関
連携可能数
10件制限なし制限なし制限なし
CSV
データ出力
×○※2
利用金額0円月額500円0円月額360円
※1:ZaimのWebサイトには今後、過去1年間に制限される可能性があると注意書きがあります。
※2:CSVデータの出力は無料会員の場合、表示項目が一部制限されています。

金融機関(クレジットカード含む)との連携が10件で済むならマネーフォワードでも問題ありません。

家計簿管理を家族分まとめてとか、夫婦2人分をまとめてやる場合、金融機関連携が10件では物足りないです。

そうなるとZaimを使ったほうが便利です。

確定申告ソフトとの連携も可能

マネーフォワード・Zaimともに確定申告ソフトとの連携が可能です。

  • マネーフォワード ME⇒マネーフォワード クラウドと連携
  • Zaim⇒やよい(青色申告・白色申告)と連携

家計簿アプリと確定申告ソフトの連携により、経費や入金が自動で反映されます。

副業で所得がある方は、確定申告ソフトへの入力が楽になります。

どっちを使っていくか

マネーフォワードとZaimを両方使用してみた結果、現在はZaimを使用しています

やはり、無料で使える機能が充実していることがポイントでした。特に、ZaimならCSVエクスポート機能が無料会員でも使えることが決め手でした。

一時はレシート読み取り精度の高さから、マネーフォワードでしょ!って思った時期もあったのですが、Zaimのレシート読み取り精度も向上してきたこともポイントです。

あなたも一度両方のアプリを使ってみて、どちらが自分にあっているか試してみてはいかがでしょうか?

マネーフォワードもZaimもプレミアムサービスは30日間無料でお試しできますよ。

 

家計簿マネーフォワード ME
家計簿マネーフォワード ME
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ
家計簿Zaim
家計簿Zaim
開発元:Zaim Inc.
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク
スポンサーリンク