4人から2人、そして解散した赤マルダッシュ☆はどんなアイドル現場?ライブレポート

4人から2人になった赤マルダッシュ☆はどんなアイドル現場?ライブレポート アイドルとオタク

赤マルダッシュ☆というアイドルグループのライブを観たので、どんな現場だったかレポートします。

赤マルダッシュ☆は元々、「歌って、踊って、食べるアイドル」として、マルちゃん赤いきつねと緑のたぬきとタイアップがあり、武田鉄矢プロデュースの4人組アイドルとしてスタートしました。

赤マルダッシュ 公式ホームページ

今はマルちゃん(東洋水産)とのタイアップも終わり、メンバーの卒業もあって2人組となっています。

2人になった赤マルダッシュ☆も応援したい!という気持ちでライブを観てきました。

赤マルダッシュ☆が気になっている方に参考になればと思います。

2019年7月24日に赤マルダッシュ☆は解散しました。

2019年7月24日(水)赤マルダッシュ☆完食(解散)のご報告

赤マルダッシュ☆│メンバーは4人から2人へ そして解散

私が赤マルダッシュ☆を知ったのは、2016年の夏。

関ケ原唄姫合戦です。

関ケ原唄姫合戦 SEKIGAHARA IDOL WARSのアクセス方法と会場の様子を徹底解説

その時はまだ4人組で、だけど、出演していたのは2人だったと記憶しています。

(緑の玉城里さんと黒の川村彩花さんが不在だったはず)

関ヶ原で気になって以降、ツイッターやネットで情報収集していました。

歌やダンスが好きになって、とくに振り付けは真似したくなる。

調べてみると、「赤マル 急上昇ダッシュ!!!!」という曲は、

  • 作詞作曲は前山田健一(ヒャダイン)
  • 振り付けはパパイヤ鈴木

そりゃいい作品になるわなという感想。

赤マルダッシュ☆は元々は4人組でした。

赤マルダッシュ☆初期メンバー
  • 北澤鞠佳さん
  • 大西菜友さん
  • 玉城茉里さん
  • 川村彩花さん

4人です。

このうち、2人が卒業しています。

玉城茉里さんと川村彩花さんが卒業

卒業メンバー
  • 玉城茉里さん(通称 ねーさん)は2016年9月に卒業
  • 川村彩花さん(通称 あーちゅん)は2017年4月に卒業

玉城茉里さんは、以前から志していた夢に向けて歩みたいという理由で卒業しています。

玉城茉里よりお知らせ│赤マルダッシュ☆オフィシャルサイト

玉城茉里 公式ブログ|be amie オスカープロモーション

川村彩花さんは腰を怪我して、しばらく療養していましたが、完治に至らず、卒業しています。

川村彩花さんの卒業に関しては以下の動画で知ることができます。

川村彩花さんはツイッターとインスタグラムのアカウントがあるので現在の活動を知ることができます。

活動を続けた2人のメンバー

現在赤マルダッシュ☆として活動している2人のメンバーは、

Showroomツイッター、LINELIVEなどに登場しますが、この2人はナイスコンビだなと思っています。

ボケ担当のまーりんとツッコミ担当のなゆというカンジで。

まーりんは歌が上手。そして天然です。(天然という表現であっているか…)

なゆちゃんはかわいいです。クール(?)なカンジかな。

赤マルダッシュについては最近知った身ですが、過去にいろいろとあったようで調べるといろいろ出てきます。

私の場合、初めて知ったときから2人でしたから、今2人で活動している姿を見ても違和感はないです。

でも過去のライブ動画やMVを見て、今と比較してみるとやっぱり2人は少し寂しいかなと感じます。

4人時代はクソ仲悪かった

それとまーりんのインスタを見ていたら、こんなストーリーが投稿されていました▼

赤マルダッシュ 4人は仲が悪かった

▲4人のときは””クソ仲悪かった””

具体的に話が聞きたいなぁ〜って思ってしまった(笑)

そして解散

2019年7月24日(火)にShowroomで発表されました。

2019年7月24日(水)赤マルダッシュ☆完食(解散)のご報告

https://twitter.com/marikanodon/status/1154007029242945536
https://twitter.com/marikanodon/status/1154007372622249987
https://twitter.com/marikanodon/status/1154018585435467777
https://twitter.com/marikanodon/status/1154024628009836549
https://twitter.com/nayunodon/status/1154010978310414336

赤マルダッシュ☆のアイドル現場

赤マルダッシュ 名古屋

2016年夏以降気になっていた赤マルダッシュ☆が名古屋に来るということで観に行ってきました。

赤マルダッシュ☆は、ほとんど遠征しておらず、名古屋に来ることは珍しいです。

ライブで2人を観れるのはめったにないチャンスでした。

2017年3月20日の名古屋では昼と夜の2ステージに出演していました。

  • IDOLidge NAGOYA-アイドリッジ名古屋-@VERSUS東海ホール(昼公演)
  • iDOL Blooming Session 〜NAGOYA〜 Live Hall M.I.D(夜公演)

私が観たのは夜のステージです。

後から聞いた話では、昼のステージは途中で音が止まるハプニングがあったようでした。

アカペラで乗り切ったとか。

こういうとき、オタクの支えがあるとステージに立つアイドルもやりやすいですよね。

赤マルダッシュ 名古屋

さて、待ちに待った赤マルダッシュ☆のライブです。やっと観れます。

少し緊張して客席中央付近に移動。

オタクさんは想像よりも少なかった印象でした。

みんな関東から遠征してきてるんだろうと思います。

もっとたくさんオタクがいると思っていたので、ちょっと拍子抜けでしたが、周りを気にすることなくゆっくり観ることができたのでよかったです。

衣装はPUNYUSのスカートでした。

PUNYUSと赤マルダッシュといえばUDONスウェットですね。あれ欲しい。メンズもあるかなー。

知らない曲も数曲ありましたが、振りを真似してみたり、思う存分赤マルダッシュを楽しみました。

途中、まーりんの太ももが赤くなっているのが気になりました。(かゆそう…)

なゆちゃんは表情がイイです。たまに見せる真顔っぽい(?)無に近い表情がいいです。 

そんなこんなであっという間にステージが終わりました。

はぁ、もう終わりかなんて思いながら、「赤マルダッシュ☆ありがとー」と心の中でつぶやきました。

赤マルダッシュ☆の物販と特典会

赤マルダッシュの特典券

ライブ後の終演後物販に参加です。

3,000円の赤マルダッシュTシャツを購入し、特典券4枚を入手します。

特典券2枚でサイン入りチェキが撮れます。

まーりんとなゆ、それぞれで使いました。

まーりんには、ツイッターで”いいね”くれた話をしたり、関ケ原で観た話をしたり。そして、今日が待ちに待った赤マルダッシュだったことを伝えました。

なゆちゃんにはナイスコンビであることを伝えました。それから、太らないでねとw(まーりんは太ったw)

運営の伊藤さんもお顔が拝見できてよかったです。

Showroomでは声だけ聞こえてきていましたから顔が気になっていました。いい声しているんですよね。

もう一人運営スタッフと思われる方がいました。

その方は物販中「やめないでー」ってガヤを入れていました。

自虐ネタでしょうね。元々4人で現在2人という状況を自虐的にネタにしていると思われますw

チェキを撮り終え、他アイドルのお目当て物販も済ませ、帰ろうか、最後まで残ろうか悩みながらだらだらしていました。

結局最後まで残っていたところ、赤マルダッシュの物販では最後にメンバーとオタクでのジャンケン大会がありました。

勝ち残ればチェキがもらえます。

まず、まーりんとオタクのみんなでジャンケンです。私はあっさり負けました。

勝ち残った方が、2人になったとき、「じゃあ2人でジャンケンして勝った方が勝ちね」という流れになりました。

2人のうち、1人の方はおまいつさんなのかな(?)、相手方にチェキを譲られました。

やさしいw

こういうの大事ですよね。いいオタクさんだぁ。

譲っていただいた方はうれしそうでしたし、まーりんからチェキを受け取ったときは目が輝いていましたw

続いて、なゆちゃんとジャンケンです。

なんと!!一発目のジャンケンで私が一人勝ちしました!

イェイ!うれしかった。最後まで残ってよかったーと思わせてくれました。

赤マルダッシュ 大西菜友ちゃんのチェキ

おわりに

赤マルダッシュ☆のライブの様子をご紹介しました。

赤マルダッシュ☆が名古屋に来るという、めったに無いチャンスに参加することができて、充実した一日でした。

欲を言えばアナザーユーを聞きたかった。

YOUTUBEを見ていると最近はアナザーユーを披露している動画がないので、もうやらないのかもしれません。

寂しいですね。

それから、特典券の使い方を少し後悔しました。

特典券を4枚入手したので、1枚で全員握手、 3枚でグループチェキをという選択肢もあったなと後悔しました。

(←いや、好きなら追加で積んで特典券4枚追加しろよと言いたいところですが、お財布事情が(;´Д`)…)

とにかく、赤マルダッシュ☆が見れてよかったです。

ますます好きになりました。

また名古屋や東海地方に来ててくれることを願いつつ、これからもツイッター等で情報収集していきたいと思います。

赤マルダッシュのクラウドファンディング リターン

アイドル「赤マルダッシュ☆」のクラウドファンディングで手に入れたリターンをレビュー

オタクが支援したアイドルのクラウドファンディングまとめ 起案者の裏話も

オタクが支援したアイドル2組のクラウドファンディングまとめ 起案者の裏話あり

スポンサーリンク
スポンサーリンク