ドル建ての終身保険を勧められたが○○のリスクをデメリットに感じて断った話

ドル建て終身保険のリスクとデメリット お金

終身保険への加入を考えて、保険ショップへ相談したときのことでした。

店員さんから、

保険料を安くしたいなら、ドル建ての終身保険はどうですか?

と勧められたのです。

私は「え?ドルで保険?」「そんなのあるの?」とパニックになりましたが、よく考えて

ドル建てはやめます!

と断りました。

断った理由は「為替リスク」です。

本記事で私がドル建ての終身保険を断った理由を紹介します。

ドル建ての保険を勧められてお悩みの方に参考になればと思います!

ドル建ての終身保険は安くて利率が良い

1ドル札

保険の相談窓口で、月々の保険料を安くしたいと伝えると、ソニー生命のドル建ての保険をおすすめされました。

たしかに保険料は安いです。

解約返戻金の利率もいいです。

なぜ安くて利率が良いか?については以下のサイトが分かりやすく解説しています。

ドル建て保険は安さと貯蓄率が魅力!仕組みから新商品情報まで解説

簡単にまとめると、ドル建ての場合、

ドルで運用できる

米国債の利回りは高い

少ないお金でたくさんの保険金が準備できる

こんなカンジですね。

だったらドル建ていいじゃん!と思うのですが、ちょっと待ってください。

ドル建ての終身保険には為替の影響がある(円安・円高)

私達が普段使うお金は「円」です。

ドル建て終身保険の場合、保険料の支払いはドルですし、受け取りもドルです。

つまり、「円」と「ドル」を換金することになります。

そのときに影響を与えるのが「為替」です。

例えば…

為替 1$=100円の場合
  • 毎月100$の保険料
  • 為替は1$=100円
  • 保険料は日本円で月々10,000円(100ドル×100円)

これが、為替 1$=120円になったら、

為替 1$=120円の場合
  • 毎月100$の保険料
  • 為替は1$=120円
  • 保険料は日本円で月々12,000円(100ドル×120円)

こんなふうに為替によって保険料が変わります。

1$=80円なら月々の保険料は安くなりますね。

  • 1$=100円から、120円に変わることを円安
  • 1$=100円から、80円に変わることを円高

といいます。

受け取る保険金もこの為替によって変わります。

1万$貯まっていたとしたら、

  • 1万$×120円=120万円
  • 1万$×100円=100万円
  • 1万$×80円=80万円

というように、受け取るときの為替がいくらか?によって受け取る保険金も変わるのです。

ドル建ての終身保険を断った理由は為替リスク

この為替が不安材料です。

為替ばっかりは将来どうなるか誰にもわかりません。

理想を言えば、

  • 保険料を支払っている期間は円高で
  • 解約して返戻金を受け取る時は円安

であれば、最高です。少ないお金でたくさんの保険金がもらえますね。

これもし、逆のパターンだったら……

下手すると支払った金額より受け取る金額が低くなることもあるということです。

この為替のリスクがドル建て保険をやめた理由です。

 

それから、ドル建て保険の場合、

  • 為替手数料がかかること
  • 為替両替の口座開く必要があること

など、めんどくさそうな点がありました。

私にとってはデメリットだと感じたのです。

これもドル建て保険をやめた理由の一つです。

おわりに

私がドル建ての終身保険を断った理由を紹介しました。

ドル建て保険のメリットとして、

「資産を日本円以外の通貨で持つといい」

という声を聞きますが、それはお金持ちのやることかなと感じました。

一般庶民の私は、まず日本円でお金を貯めようと思います。

ということでドル建ては却下しました。

結局、終身保険は円建てで解約返戻金の利率がよい商品に入りました。

以下の記事に書いていますので、お時間があればご覧ください。

終身保険は死亡保障が足りているか?を確認しましょう。私は終身保険に加えて収入保障保険にも加入しています。▼

死亡保障足りてる?終身保険と収入保障保険の両方に入るたった1つの理由

死亡保障足りてる?終身保険と収入保障保険の両方に入るたった1つの理由

終身保険の見直しをまとめた記事です。参考にどうぞ▼

30代既婚男性の終身保険選びで参考になる記事4選

30代既婚男性の終身保険選びで参考になる4つの体験談

終身保険のみならず、生命保険の全体を見直しています。こちらも参考にどうぞ▼

30代既婚男性が生命保険の見直しで参考になるリアルな金額【まとめ】

30代既婚男性が生命保険の見直しで参考になるリアルな金額【まとめ】

スポンサーリンク