iPhone バッテリー交換の時間と気を付けたいたった1つのこと

スマホ
スポンサーリンク

201712月、旧型iPhoneのバッテリー劣化に伴う性能低下問題に対し、アップルは信頼を取り戻すためとして201812月までの期間限定でiPhone6以降の保証対象外の端末に対して、バッテリー交換費用を通常の8,800円から3,200円へ値下げすると発表していました。

僕が使用しているiPhone7も、このバッテリー交換プログラムの対象となっていたので、この値下げを逃がすわけにはいかぬと、バッテリーを交換してきました。

交換した店舗はApple正規サービスプロバイダの「カメラのキタムラ モレラ岐阜店」です。

本記事ではバッテリー交換の流れとその所要時間をご紹介します。

また、初めてのバッテリー交換で、ちょっと困った場面に遭遇しましたので合せて紹介します。これからiPhoneのバッテリーを交換される方に気をつけていただきたいポイントなのでお役に立てばと思います。

まずは予約 Appleサポートアプリがおすすめ

まずはバッテリー交換の予約をします。

Apple直営店もしくはApple正規サービスプロバイダで予約しましょう。

予約にはAppleサポートアプリがおすすめです。

アプリを開き、バッテリー交換の予約画面まで進むと、1週間先までの空き状況が確認できます。

僕が予約した「カメラのキタムラ モレラ岐阜店」はなかなか空いていません。

土日や祝日に予約を入れたい人は定期的に予約状況をチェックして空きを見つけましょう

予約後、サポートアプリに予約内容が表示される。

予約後、サポートアプリに予約内容が表示される。

田舎なのでApple正規店舗の数が少ないからみんな同じ店舗に集中しちゃうのかな

ショッピングモールに入っているということもメリットですね。

館内を回っている間に作業してもらえますからね。

来店する前には以下を実施しましょう。

  • Apple IDとパスワードを確認する。
  • iOSを最新バージョンに更新する。
  • 「iPhoneを探す」をオフにする。
  • iPhoneのバックアップをとる。

バッテリー交換 カメラのキタムラ モレラ岐阜店

さて、僕が予約したのは土曜日の1140分です。

カメラのキタムラ モレラ岐阜店には1130分ごろに到着しました。

まず、受付をします。店員さんに話しかけて、予約した旨を伝えます。

すると名前を聞かれるので答え、待合スペースで少し待ちます。

待合スペースは予約した人と予約無しの人で場所が異なります

カメラのキタムラ モレラ岐阜店の場合、店舗奥に向かって右側が予約した人左側が予約無しの人の待合スペースでした。

カメラのキタムラ モレラ岐阜店 待合スペース

カメラのキタムラ モレラ岐阜店 待合スペース

しばらく待った後、名前が呼ばれカウンター席に案内されます。

席につくとiPadに氏名や住所の入力や規約への同意・署名を進めます。

それと同時にバッテリー交換対象のiPhoneを店員さんに預けます

このとき、ケースは外すよう指示されます。

店員さんがiPhoneを操作して、iOSのバージョンや「iPhoneを探す」がオフになっているかなど確認します。

その後、バッテリーの劣化状況が診断されます。

僕のiPhone7劣化状況は87%という結果でした。

新品の状態が100%なので87%劣化していないという結果でした。

店員さんからは、

「201812月まで3,200円で交換できるので今日交換せず、後日交換した方がiPhone7をより長持ちさせて使えますよ。」

とアドバイスをいただきました。

これまで使用してきた感覚では電池の持ちが悪くなってきたと感じていたので、この結果にはびっくり。

もっと劣化しているだろうと思っていました。

 

バッテリーの劣化は少ない結果でしたが、せっかく予約して来店したので、その場で交換をお願いしました。

交換することを告げると以下の写真にあるような紙が手渡されます。

お預かり票

お預かり票

お預かり票

お預かり票

バッテリーの交換完了後、iPhone本体を受け取る際に提出が必要となります。

ちなみにこの紙は返却されません。

交換は2時間 iPhone使えない 連絡取れない

1140分に予約してバッテリー交換後のお渡し予定時刻は1350分でした。

2時間、iPhoneが使えないことになります。

この奥(店舗奥)でバッテリー交換作業が行われている

この奥(店舗奥)でバッテリー交換作業が行われている

つまりこの間、電話できないし、LINEもできないということです。連絡手段を失うのです

僕はこの日、家族とモレラ岐阜(ショッピングモール)に来ていて、家族とは別行動iPhoneのバッテリー交換へカメラのキタムラを訪れました。

家族と別行動なのでiPhoneを預けてしまったら、連絡が取れず、家族と合流ができないのです。

それがどうしたと思う方もいるでしょうが、約2時間連絡がつかず相手に心配をかけたり、お互い探し回って無駄な時間を過ごすことは避けたいです。

まぁ、ずっとカメラのキタムラにいれば、そのうち家族が来てくれるでしょうし、館内放送で迷子の呼び出しのように放送してもらえればすぐに合流できるでしょう。

とはいえ、ずっとキタムラにいるのも時間の無駄だし、館内放送は恥ずかしい。

 

どうやって連絡を取ろうかと考えたときに、手元に以前使用していたiPhone5Sがありました。

このiPhone5S電話として使用しておらず、音楽再生用として使用しているものです。

ここに家族の連絡先が入ってないかなーと期待を抱きます。

一度初期化した記憶もあるし、消えてるかなーと思いながら電話アプリをタップ。

すると、家族の連絡先が残っている!電話番号だけでなくメールドレスもあるぞ!

ということでメールで連絡をするか、公衆電話を探して電話するか、2つの連絡手段が思い浮かびます。

公衆電話を探すのは面倒なので、メールしようと思うのですが、メールするにはネットワークに接続する必要があります。

で、無料のWi-Fiがないかなぁと設定からWi-Fiを開いてみると、、、

 

ありました!モレラのフリーWi-Fiが!

しかも登録とかログインとか不要で同意ボタンタップするだけで使用可!

便利だわ〜!これでメールが送れるぞ!

 

次はメールアカウントにログインです。

iPhone5Sメールの設定をリセットして音楽再生用に使っているので、メールアカウントにログインする必要があるのです。

無料Wi-Fiによりネットに繋がるようになったのでメールサービスへアクセスします。

  • Gmail・・・パスワードが分からない
  • Yahooメール・・・パスワードが分からない

こんなときにパスワードが思い出せないなんて。

こんなことならいっそのこと分かりやすいパスワードにしておけばよかったと諦めかけたそのとき、ホットメール(現Outlook)の存在を思い出しました。

ログインを試みると、、、、成功です!

 

これで音楽再生用に使っていたiPhone5Sから家族へメールが送れます

ひとまず安心した僕は、ちょうどお昼だったのでお昼ご飯が食べたくて「フードコートにいます」とメールを送信。

その後無事、フードコートで家族と合流できたのです。ふぅ。

今回思ったのは、家族の携帯番号と自分のメールアカウントのパスワードは覚えておいた方がいいってこと。

覚えるのは難しいですけどね。

スマホを失った途端、何もできなくなるなと実感しました。

みなさんもスマホ(携帯電話)を修理に預ける際は、預けている間の連絡手段をあらかじめ検討しておきましょう。(←言いたかったことはコレ)

いざ連絡手段がなくなるとあたふたします。

交換後は劣化無し 診断結果100%

そんなこんなで、約束のお渡し予定時刻1350分に再びカメラのキタムラ モレラ岐阜店を訪れます。

店員さんに声をかけ、引き換え用紙を手渡して、しばらく待ちます。

カメラのキタムラ モレラ岐阜店 待合スペース

カメラのキタムラ モレラ岐阜店 待合スペース

その後カウンターに呼ばれ、iPhoneを受け取り、料金を精算します。

バッテリー交換後の劣化診断結果も提示され100%(新品バッテリー状態)であることを確認してiPadの署名欄に署名します。

料金は3,200円。201812月までの値下げ価格でバッテリー交換ができました。

修理完了報告書 在中

修理完了報告書 在中

iOS製品修理完了報告書とApple製品(iOS製品)修理明細書

iOS製品修理完了報告書とApple製品(iOS製品)修理明細書

戻ってきたiPhone7の電源を入れてみると、バッテリーを交換する前と同じ状態で使用でき、データが消えたということはありませんでした。

交換する前は、もしかするとバックアップから復元しなくてはいけないのかな?と心配していましたが、その心配は不要でした。

 

修理完了報告書の封筒に記載があるように、後日アップルからアンケートの依頼が来ました。

アンケートの依頼がメールで来た

アンケートの依頼がメールで来た

2〜3分で終わる簡単なアンケートでした。

 

またiOS11.3から導入されたバッテリー診断機能でも最大容量は100%でした。

交換したばかりなので100%じゃなきゃ困るとこです。

iOS11.3 バッテリーの状態 で確認した最大容量は100%

iOS11.3 バッテリーの状態 で確認した最大容量は100%

バッテリー交換前の劣化は87% どんな使い方をしてきたか?

iPhone7を使い始めたのが201611月なのでバッテリーを交換した20183月の時点で使用期間は1年と4ヶ月(16ヶ月)になります。

この14ヶ月、充電方法は「夜寝る前に充電を開始し、朝起きたら充電が完了」という充電を繰り返して使ってきました。

よくある使い方ではないでしょうか?

普段はバッテリーを長持ちさせるため、位置情報やBluetoothをオフにし、画面の輝度も落として節電に努めていました。

ゲームもしませんし、動画もほとんど見ません。なので日中は充電することなく使用しています。

ただし、たまに遊びに出かけたときなどはマップアプリで位置情報を使ったり、カメラアプリで写真や動画を撮ることがあるのでバッテリー不足になり途中でモバイルバッテリーで充電することもありました。

またツイッターで通知を取るようになってからはバッテリーの減りが早くなった気がします。通知が来る度に画面が明るくなりますからね。

こういった使用状況でバッテリーの劣化状態は87%という結果でした。

一つの使用事例です。

おわりに

iPhone7のバッテリー交換後、動作など特に変わった点はありませんでした。

あんまり意味が無かったかも。

それでも新品のバッテリーになったので、iPhone7を今後も長く使っていこうと思います。

バッテリー交換の際はiPhoneが使えない時間が発生します。

緊急の連絡があっても数時間電話に出ることができません。

連絡が必要な場合は連絡手段を準備しておきましょう。

僕みたいにあたふたしないために。

iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて

201712月、iPhoneのバッテリー劣化に伴う、性能低下が取り上げられました。

これについて、アップルはバッテリーの劣化による予期せぬシャットダウンを防ぐためと説明しています。

アップル公式ページの「iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと」に詳しく記載されています。

また「iPhone のバッテリーとパフォーマンス」にはiPhoneのみバッテリー劣化時の性能管理機能があり、他のApple製品にはないと記載されています。

さらに、突然のシャットダウンを防ぐために性能に変化が見られる具体的事例が載っています。

バッテリーを長持ちさせる方法については「バッテリーの駆動時間と耐用年数を最大限に延ばす」に詳しく記載されています。

長期間使用しないときは50%充電しておくのがよいみたいです。これは知らなかった。

バッテリーに関する詳細がApple公式ページにたくさん載っていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

おすすめモバイルバッテリーはこちら▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク